MENU

このサイトについて

山であったことを読み物にした「エッセイ」、思い出は「記憶」。トップページと「写真」に山と森の写真。

以前はブログとして記事をあげていましたが、ウェブサイトの体裁に変えました。たまに下に近況ぐらいで、日々の記事や山行の記事も無ければコメント欄もありません。何かありましたらコンタクトからお願いします。

 

 

近況

9/20 わらしべ長者

仕事に追われて沢の予定も流れてしまった。代わりにマリオと2人で、沢歩きして、滝まで行って、沼をぐるっとしてから戻った。ミズコブと、ナメコ少々と、完熟してないけど初物の山ぶどうが採れた。山ぶどうは二年ほど凶作でまったく取れなかったけど今年は豊作のようで晩秋が楽しみになってきた。キノコは随分と出遅れているようで、沢すじをずっと上がってきたというのに、ツキヨダケがまだ全然出てきていない。ちょっとしかなかった。当然のごとくナラタケも出てきていない。紅葉も遅いみたいだ。今年の夏も暑かったからなぁ・・・。秋は踏み踏み踏み踏み、足踏みしているようだ。

収穫を携え、湖畔でキャンプしている友人のもとへ陣中見舞い。ミズコブと山ぶどうをお供えしたら、アヒージョとラーメンと高そうな分厚い肉の炙り焼きと焙煎コーヒーになって戻ってきた。素晴らしきわらしべ長者。

 

近況ログ

 

更新情報

8/19 エッセイ更新

くまのきもち、ぼくわかる

 

 

今年の写真展中止のお知らせ

今年の 「森の時間 写真倶楽部」の写真展は、新型コロナの社会的影響もあり、6月に延期開催の予定となっていましたが、今後の見通しも立たないため中止となりました。来年の開催となります。来年の春は会員一同、力作を揃え、笑顔でお客様をお迎えしたいと思います!

 

 

2020

「名誉会員」

 

 

2019

「良いロケーションで、良い光のあたり方で、良い被写体を撮れば、良い写真が撮れる。それはそこにいける人の特権だ。良いグラビア写真は撮れる。けどな・・・」 まぁそうなんだよなぁ。仰せの通り。しかしなあ、頑張る山登りも楽しい今日このごろ。

 

 

PAGE TOP