このサイトについて

山であったことを読み物にした「エッセイ」、思い出は「記憶」。トップページと「写真」に山と森の写真。秋に賑わう「キノコ」。船形山周辺のスポット、Cafe、そして、気象、地図、カシミールなど、テクニカルなものなど雑多なものを「etc」。何かありましたらコンタクトからお願いします。

 

「森の時間」写真倶楽部の写真展開催中!

素朴な森の景色を楽しみに是非ご来場下さい!

 

『ちょっと森にお出でよ』ⅩⅦ「森の時間」写真展 仙台メディアテーク5f。
11/26(金)~12/1(水) 入場無料。 am10時~pm6時。(最終日pm5時)

 

 

近況

11/27 ココヘリ

スマホ電波が届かないところでも高周波発振で遠くからもヘリで追跡して、現場を特定できるサービスを展開しているココヘリ(https://www.cocoheli.com/)。最大16kmあたりから電波を受信できるそうで、訪れた山域さえ分かっていればほぼほぼ位置の特定可能です。年間4,015円。

山に入る人は表向きは自分にだって何かは起こるかもしれないと認識しつつも、本音では自分は大丈夫と思いがち。私もそうだと思います。だからこそココヘリは恩恵がある。なんたって見つけてもらえる。入っている方も多い山岳保険は、救助してもらったときのお金の為の保険ですが、ココヘリは自分の命のため、残された家族のためになるサービスです。できれば両方、片方だけというならむしろココヘリに、と私は思うぐらいです。

特に、一般登山では無い、沢登り、藪山登山、山菜採り、森歩き、沢歩き、渓流釣り、雪山登山をやられる方はココヘリを持つとメリットが大きい。雪山は、一般登山の延長でやり始める方も多いのですが、どんな山、どんなルートであろうと、雪山は一般登山ではありません。キノコ採りなんかも計画なんて作れないのがキノコ採りなのでだからこそ役に立つ。ココヘリを持っていれば自分も少し安心が増える、家族も少し安心が増える。少しでも安心を増やして山を楽しみたいものです。

 

 

ということで、明日、桑沼大倉山斜面を捜索に行ってきます。少しだけ接点のあった方でもあり。

※大倉山登山道、大倉尾根への廃道、捜索済みということと、山仲間4人が動けることになりましたので、2人で旗坂から尾根通しで氾濫原と大倉山登山道、もう2人でスプリングバレー周辺の怪しいところへと変更になりました。

※発見には至らず、下山。例年になく雪が多い・・・。大倉山山頂では消防も再度来ていた。かなり広範囲に捜索は行われているようですが見つからない。残り区間は限られますが平日は無理なので捜索の協力はここまでです。

YAMAPで有志の捜索活動も活発に行われているようですのでYAMAPに出しておきました。

https://yamap.com/activities/14570280

 

写真展の方も好評開催中です、こちらもお時間ありましたらお立ち寄りくださいm(_ _)m

 

 

 

近況ログ

 

 

更新情報

7/27 「記憶」更新

前森の記憶 -bugs- (2021.7)

 

 

2021

「壊れかけのキャメラ」

 

 

2020

「名誉会員」

MENU
PAGE TOP