近況ログ(2021.7~)

10/11 初物ナメコ

三ツ石山、栗駒山、船形山あたりは秋の紅葉が先駆けする人気の山々。特に栗駒山は最近やたらテレビで目にすることもあってか、いわかがみ平の駐車場は、前夜車中泊の車で夜のうちから駐車場が溢れたと聞いた。びびる。

稜線の紅葉が一段落した頃、初物ナメコと山葡萄を探しながら森の中を徘徊するのが好きだ。藪の中に埋もれながら見上げると秋に色づき始めた木々が見える。山にやってくる秋を一番感じるのはわたしにとってはこの時期のこの瞬間かもしれない。ナメコは出始めだったけれど上物をそこそこ授かった。ブナシメジも随分あった。葡萄はちょっとだけ。最近は、山菜もキノコも山登りも、ガツガツすることもなくマイペースで楽しめている。歳は取れども山は逃げない。のんびりいこう。

そういえば、夏に必死の思いで這いずり回った前森近くの山中の藪。山ぶどうがたくさん生えていたなぁ。疲れた体に被さってくるあの蔓藪。お前のことは絶対忘れない。あんなとこ、人が入ることもまずないだろうから、たわわに実っていれば取り放題かもしれない。とは思いつつも2時間以上かけてあんなとこまで行き、さらにとんでもない林道の奥地に行ってまで山葡萄をもぐことはないだろう。しかし心残りだ。

一眼レフはほぼ死にかけており(使えなくはない)、GRIIもぶっ壊れた(保険で助かった)。写真を撮りたいのだが手元にカメラが無い。GRIIIあたりの価格推移はチェックしているけれど世界的な半導体不足でさっぱり価格が下がらない。ドル円も113円を突破し、数年ぶりの水準だ。おまけに止まらない原油高。忍び寄るスタグフレーション。GRIIIはいつ手に入るのだろう。月を重ねど、GRIIIは逃げていくばかり。焦ってきた。

当たりはこれだけ。あとはチビナメコをちょこちょこ集めた。他にめぼしをつけていた倒木はたくさんついていたが流れていた。

 

 

10/4 桑沼三湖+

ここんとこの週末は好天に恵まれ、紅葉の尾根歩きも楽しめたので種沢川方面でキノコ採り。遠征してまでキノコを採る情熱に乏しいわたしにとっては、舞茸はなかなかお目にかかれない高嶺の茸だ。かつて流れたのを一度見ただけだ。ぶっといミズナラの育つ森があればいいのだが、船形山山麓というか、宮城側は少ないようだ。数十年もののミズナラはあるものの、写真で見るようなどっしりした100年超えの巨木のミズナラはほとんど無い。宮城では舞茸を何株も一気に採るのはやはり難しいのだろうか。そのうち一株見つけて舞い踊れることを期待しよう。

ということで途中からは、升沢と尾根沢挟んだ向こう側で楽しくブナの森歩き。もっふもふキノコとも遭遇。森を突っ切り升沢林道にたどり着く。涼しくなったら行こうと思っていた桑沼の近くにある 緑の沼 に足を伸ばした。桑沼三湖といえば、桑沼、すず沼、はす沼 だが、近くにはもう2つぐらい緑色のおまけがある。ここは伐採が絡んで出来上がったのかどうなのかよくわからないが、低木一本すら生えてないところをみると自然発生的にできていて、昔からあるんだろうか。自然にできたのなら表層に特徴があるから故なのだろうけどよくわからない。地中1mぐらいのところの様子を知りたく、スコップを持って掘ってみたかったがもちろん持っていなかった。といっても掘ることは難しそうだった。

大倉山の東側は地すべり構造となっているらしく、このへんは地形的に特徴のある場所が多い。地上からは分からない地下水脈も多数走っているのだろう。植生も変わったところもいくつかある。このあたり、地図上に おう地 も多く、巡ってみるとなかなか楽しかったりする。

 

 

 

 

9/27 秋

いつの間にか秋。今年もそこそこ沢登りもしたけれど少なめ。沢は好きだけれど沢登りはあまり熱が入らないようだ。行けば楽しいのだけどね。先日行った小松原沢は下りの南沢の方がしんどかった。なんというか精神的に辛い。夏に行った前森もなかなかきつかった。藪を漕げども漕げども見つからない林道が。沢もあと1,2回は入るとは思うけど目的は現地鍋とナメコ採りになるだろう。

ここ数週間、キャンドルの動きも激しくなかなかしんどかったので、癒やしを求め、日和見で行き先を決めて紅葉ハイキング。今週はのどかに月山。休憩の度に昼寝しながら尾根歩きをのんびり楽しんだ。月山からの帰路、深山に入り舞茸を取りに行った釣り師から収穫写真が入電。その写真を見たわたしはポルナレフになっていた。

 

あ…ありのまま 今 見た事を話すぜ!

「1日目に収穫した舞茸の写真で全部だと
思ったら 奴らは2日目も同じだけ採っていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが

おれも 何を見たのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 老眼だとか見間違いだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

 

今年はキノコの出がいいようなので、肩が痛くなるほどナメコで重くなったザックを担ぎたいなぁ。かつて一度だけそんなこともあったがあの痛さはいいものだ。

 

月山

 

※わたしがポルナレフになった舞茸写真は、仙台源水会の最新の釣行記に上がっているようです。

 

8/21 長倉尾根

毎週末、片方は歩いてウェイトの維持に努めている。登りを楽にするためにももう少し落としたいものだがなかなか落ちない。今日はトビタケを探しに長倉尾根に。暑い藪の中や尾根をキノコのために歩き回るのはキツく、トビタケにはとんと縁が無い。お盆なのに何故かまた帰ってきた梅雨前線のおかげで涼しそうなので行ってみたのである。トビタケ探しにこんなとこに来る人もいなそうだろうという目論見もあったのだが。登山道を外れてそこそこ藪に入ってみたが残念ながら無かった。降りてから沼のほとりをの藪を探してみたがやはり無かった。雨続きだし、時期も少し遅そうだし、期待はしていなかったが仕方ない。暑い森の藪歩きも尾根歩きも苦手なわたしにはトビタケは縁がなさそうである。しかし再びコロナが広がっている。ワクチン2回も終わって免疫も獲得できた時期になったので県外もこれからと思っていたのに。ほどほどで収束してほしいものである。

 

 

 

 

7/25 前森

秋の予定だったが、沢と泊と藪を絡めた方が楽しかろうと、前倒しして、内唐府沢左俣支流で一泊してから前森南コルに西側から上がり山頂を目指した。まだ慣れない沢泊でもあったので、余裕のある予定で計画を立てておいたのだが、それが逆にいろいろと裏目った。歴代何本かの指に入るようなキツイ山行となった。

 

 

 

 

7/17 蛇ヶ岳

今週も蛇ヶ岳。今日は保野川、瓶石沢経由。一度行ってみたかった沢だったんである。この沢、山はもちろん沢もよく分からんかった頃、晩秋に枝沢の方に行って、ちっちゃな滝だったが落口で安易に行動して秋特有のヌメヌメでずるっ。足元も長靴。落口から滝下に落ちそうになってセミになり、大泣きした沢なんである。 落ちても死にはしない高さと、滝壺だったのでどうということもない場所ではあったのだが なんせ晩秋。ドボンしたら凍りつく。ということで、なにげに思い出深い沢。といっても今日はそっちはいってないのであるが。里は暑い日だったようだが涼しく過ごせた。

久々な人もいたので、鍋滝は安全安心のロープウェイ式で登る。トップはハーケン3本打って上がっていた。抜くのに少し手間がかかるほどガッシリ入っていたけど、安心できる打ち込みであった。三者三様、お互いにそれぞれにいい復習と練習になった。

 

 

 

 

7/11 三峰山の山上湖

大滝キャンプ場から保野川、瓶石沢を遡行して蛇ヶ岳に行く計画を立てていた時 何気なく衛星写真を見ていたら北丸松保沢の源頭に10円禿げのような丸い黒いものがみつかった。稜線にほど近いが、どうみても沼である。後で聞いたところによると、この界隈にあしげく通っている人たちにはよく知られる沼らしい。今日、蛇ヶ岳の下りで観察してみたが沼が確かに見えたのである。知らんかった。

ということでこの山上湖を探索する機会を伺っていた。6月の末も過ぎると、暑くて登山道はなるべく歩きたくないので、風も弱く、寒すぎない小雨の日に行く予定だった。2回ぐらい延期してやっと適日がやって来た。夕方近くから落雷確率も多少あがっていたのでちょっと心配ではあったが、行ってみれば、小雨、たまに青空に日差し、高曇り。気温も高くなくいい日和だった。いつもそうだが、雨の日は行く前は気が少し重いが、行ってみると雨の山は気持ちいい。稜線はやっぱり雨の中は歩きたくないが、小雨ぐらいだと森歩きはルンルン。気持ちいい。森の空気が緑!

源頭なので大丈夫そうではあるが、念の為、沢装備をして向かった。源頭を降り、山上湖は藪の中をしばらく探し回って見つかった。お目当てのものが大量に生息している予定だったがいなかった(・~・)