ゆく年くる年

 

 

かつて

船形山にほど近い集落だった升沢

この地に住まう人は もういない

 

 

大晦日

二人の男がやってくる

 

焚き火を起こし

鍋に 蕎麦に 雪見酒

かんじき履くと 第九を響かせ 歩き出す

 

 

 

 

向かうは 一本のブナの木だ

数百年 この地に住まうブナの木だ

大きな 大きな ブナの木だ

 

 

 

かつて

船形山にほど近い集落だった升沢

この地に住まう人は もういない

 

けれど

豊かな森は 今も変わらず ここにある

 

 

新年を迎える (2019.12.31 23:59:59)

新年を迎える (2018.12.31 23:59:59)

 

 

 

今年も ここで 年を越す

初陽を迎え 雑煮に 餅に 初詣で

 

 

ゆく年くる年 升沢で

こんないいものはないだろうと

幾人かに声掛けた

 

 

行きたいけど寒いから無理!

家族の手前 無理!

寒いし 無理!

寒いよ!

変態!

 

 

今年も面子は変わらない

 

 

 

初日の出 (2019.1.1 船形山神社)

 

かつて

船形山にほど近い集落だった升沢

この地に住まう人は もういない

 

 

けれど

この地で年を越したい輩は

幾人かはいるようだ