影大東

 

 

 

お頭がロマンを語った。

 

 

キンキンに緊張したかのように凍てついた朝。

 

 

われわれがいるのは大東岳の北斜面。

 

 

バーンにアイゼンを効かせ、頂きを目指す。

 

 

 

 

ちょうどその頃、

 

 

右をみやれば、

 

 

大東岳の影が現れる。

 

 

影は、猿鼻山、タイロク山(南面白)にかかるはずだと。

 

 

うまくすれば影大東をとらえることができると。

 

 

 

 

われらは、

 

 

そんな浪漫を共に抱いて、

 

 

おおあずま岳を目指すのだ。