畑をめぐる冒険

 

 

根白石に薄明光線が射す

 


 

 

 

※この物語は、プロローグ、および、去年編

を先にお読みいただいたほうが、読みやすいと思います。

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

今年で2年連続となる畑をめぐる冒険

 

 

昨年の惨憺たる結果を振り返る。

 

 

あまりにも思慮のない探索だったからに違いない。

 

 

そこで、

 

 

僕らはまず、情報をあらためて分析すべく、

 

 

資料を作った。

 

 

 

 

 

 

僕ら と言っても、

 

 

こんなしょうもないことに情熱を傾けるのは、

 

 

ぷーたしかいないのであるが。

 

 

―――――――

 

 

やまー に資料を見せ、新たに分かったことを報告する。

 

 

―― どうでしょうか?

 

 

―― アホですね(笑)

 

 

―――――――

 

 

やまー に重要と思われる写真と分析結果を報告する。

 

 

 

 

―― ここに影があります。つまり朝陽の方向が決まる。記事から時刻を推定するに6時15分前後。写真が左右にひっくり返されている可能性も残るが、ワイパーが左に向いているのでその可能性は消えます。また、今年は、○○氏を信じる方針なので、疑うことはやめます。その時の太陽の方角。今の季節は、天文台の資料によればこの方向になるので、この写真の向いている方角を決定できます。加えて、木材を置く納屋。正面に家。家の屋根もなんとなくうかがえる。納屋の屋根は青い。その手前には樹木。田んぼらしきものも見えます。ここにイノシシ柵があることになります。

 

 

―― アホですね(笑)

 

 

―――――――

 

 

―― Googleマップの衛星写真と、地理院地図で探してみようと思ったのですが、衛星写真は建物は分かるけど、林道は分からない。一方で、地理院地図は、林道や作業道はわかりやすいし、建物の記載はあるけれど、樹木の有無や、屋根の色は分かりづらい。そこで、地理院地図を半透明化して、Googleマップの衛星地図に重ねようと思いました。透明度のアルファは調整可能です。ブラウザ上で、レイヤーを重ねた上で自動でスクロール可能なブラウジングシステムを用意したのです。

 

 

 

 

 

 

―― 便利だと思いませんか?

 

 

―― アホですね(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

 

―― 写真の部分の平面概略図を手書きで描いてみました。これに合致するものを、先程の地図ブラウジングシステムで探してみようと思いました。しかしものすごく大変なんです。何日かかっても終わりません。そこで地理院地図をUWSCによる自動化によって、矩形で細分化したものを全てダウンロードしました。それをPhotoshopのスクリプトライブラリーを使って、その矩形地図を二値画像にしてから線分化して単純にしました。あとは建物と道路の概略図に一致するものを自動的に判定分析するプログラムを用意。数万枚の矩形地図の中から80個ぐらい候補があがりましたので、これをあらためて先程のブラウジングシステムを使って、衛星写真と照らし合わせました。結果、1つの候補が浮かび上がりました。

 

 

 

―― アホですね(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

―― それと、もし見つかった場合、僕らはその証を打ち立てるべきだと思うのです。勝利の勝どきをそこで上げねばなりません。そこでこんなものを用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

―― 僕らが今年、山開きにの日に磐梯山に行った時にもらった旗です。これを畑に打ち立てましょう。

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

 

 

―― 彼らのように、ぼくらも勝利の雄叫びを上げるのです。

 

 

―― アホですね。なぜ磐梯山(笑)(笑)(笑)

 

 

―― 大和町のしがない麓に打ち立てる輝かしい磐梯山のフラッグ。いいではないですか。

 

 

―― まぁそこから行ってみましょうか(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

 

僕らは、自分の探し当てた地点へと車を走らせる。

 

 

 

ほどなく、僕らは該当の地に着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

―――――――

 

 

そして、そこには!

 

 

 

あったのである!

 

 

 

あの木材の納屋とおぼしき建造物が!

 

 

そしてその裏手には、

 

 

 

写真とそっくりの家が!!!

 

 

 

―――――――

 

 

 

我々は歓喜した!!

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは、羊の住むあの町へ畑の入り口に辿り着いたのだ!

 

 

 

―――――――

 

 

 

しかし、ここでやっと入り口である。

 

 

 

僕たちは、資料から読み取れるさらなる情報を基に畑を探す。

 

 

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

ここか!?

 

 

 

 

 

 

いや違う。これはカワラタケの一種だ。

 

 

 

―――――――

 

 

 

ここか!!??

 

 

 

 

 

 

いや違う。これは新たに見つかったムキタケ畑だ。

 

 

 

規模が小さい。

 

 

 

―――――――

 

 

 

ここか!!!???

 

 

 

 

 

 

いや違う。これは新たに見つかったヒラタケの大牧場だ。

 

 

 

―――――――

 

 

意図せず、大量のキノコを見つけた。

 

 

そして、

 

 

程なくして、

 

 

僕らは思った。

 

 

 

―――――――

 

 

 

このまま捜索を続ければきっと見つかる。

 

 

しかし、

 

 

見つかった時、この冒険は終わってしまう。

 

 

と。

 

 

該当地はもう見つかった。

 

 

あとは探すだけの詰めでしかない。

 

 

と。

 

 

キノコもたんまり見つかった。

 

 

僕らは既にもう大満足である。

 

 

と。

 

 

―――――――

 

 

 

そして、僕らは思った。

 

 

山に雪が降るまでのこの時期。

 

 

こんなに楽しいイベントを今年で終わらせてしまうのはもったいない。

 

と。

 

 

―――――――

 

 

 

 

僕らはすでに感謝の気持ちが湧き上がっていたのだ。

 

 

こんな季節に、こんなにも楽しいエンターテイメントを提供してくれた○○氏へ。

 

 

感謝の気持ちが。

 

 

なんと楽しいことか。

 

 

と。

 

 

―――――――

 

 

 

磐梯山のフラッグを打ち立てるのは来年でもいい。

 

 

来年、また、楽しもうではないか。

 

 

と。

 

 

―――――――

 

 

 

今年はここまでいい。

 

 

と。

 

 

 

僕らは、いったんこの地を去り、山を超えた湖畔に車を走らせた。

 

 

 

そして、勝利したかのようにコーヒーで乾杯した。

 

 

 

 

 

 

 

Continued on next year

 

 

  1. より:

    こりゃあ楽しみですなぁ。
    来年まで元気にいなければ、、、
    と、、生きる希望をいただきました。
    と、、なんと大げさな(笑)

  2. 大和町 チバ より:

    今年は・・・と言わず来年も再来年も、未来永劫ここまででいい(笑)
    今日、行って来たよ!

  3. くまぷー より:

    >修さん

    なんと大げさな・・・(笑)
    来年は来年。いったいどうなるのやら、冒険の行く着く先は私にも分かりません!

    > ○○氏さま

    彼の地で、何かをなされてきたというのは、先日うかがったばかりでしたが、
    そんなことを企てていたとは・・・!これはお互い、楽しみですね!なにが!?

  4. repertum より:

    畑を発見したご褒美に、升沢小屋のメインテナンス助手を1年間なんてどうでしょう(笑)

  5. くまぷー より:

    >repertumさん

    おはようございます。寝て起きたら、
    何だか最後の詰めの捜索は困難を極めるような気がしてきました!?

  6. 大和町 チバ より:

    一子相伝の伝承者である息子に「くまぷーがさー、いろんな技を駆使してキノコ畑を探しているんだよー」と言ったら、「一緒に行って仲良く採ればいいじゃん」だと。息子のほうが大人なのか?大人のゲームを分かっていないのか?

  7. くまぷー より:

    思いますに、餓鬼(阿呆)度合いは・・・

    餓鬼|  くまぷー ≒> チバさん >>> ジュニアさん  |大人

    何だと思います・・・。身近な人に、「裸になったり、男同士で星空を見つめ合ったり、
    訳のわからない畑探しをしたりして、いい歳になってからに」

    と冷たい目で見られました・・・(´・ω・`)

    畑探しの情熱は、見つけてはいませんが、もう目的を達成したようなもんだという感慨が沸き起こり、すでに完全燃焼。
    来年は多分やらないと思います。お手伝いあるならいきますよ!収穫も!!!(笑)

  8. りすこ より:

    くまぷーさんのブログをはじめて拝見しました。おじゃまします。
    まだ 少ししか読んでおりませんが 大変楽しく拝読いたしました。ありがとうございます。
    あー これが きのこ畑の攻防なのかーと エッセーをまず 読ませていただいて…あとは クマバックの所などを…
    私は くまぷーさんよりもはるかに年上ですが 村上春樹氏の作品は ノルウェーの森以前のものは 繰り返し読んだ世代です。
    「風の歌を聞け」は やはり 高校から大学に入った頃でしょうか?「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が氏の作品では一番好きかも。「羊をめぐる冒険」は まだ続きがあるじゃないですか!「ダンスダンスダンス」に 続かないと…
    なので 来年は多分やらない などと 残念なことはおっしゃらずに 是非 冒険(攻防)を続けてエッセーを書いてくださればと思います。
    うろ覚えで書いて申し訳ないですが「この世界は何か?」との質問に羊男が「全部君の為だよ」と言ったではないですか。くまぷーさんの冒険のため!!なのかもしれません。
    私は来年の出版を首を長くして 心待ちにしたいと思います。
    クマバックにカメラを入れる件ですが、たぶん クマの内臓部分にはまだ余裕があるでしょうから 入口ファスナーを付けかえればよいのでは?と思いますが いかがでしょう? お裁縫は得意分野ではありませんか?(やってあげたいと言いたくなる気持ちがうずうず…)ファスナーを外して カメラに合わせたサイズのファスナーを縫い付けるだけですから 家庭科の授業よりも簡単です。ぜひ お試しください。

  9. くまぷー より:

    夢の畑は僕の心の中にある。
    その中で畑はキラキラと輝いている。

    冒険を継続し、畑を前にしたとき。
    夢の畑はどう見えるのだろう。
    現実に現れた畑は、心の中にあったように、キラキラと輝いているのだろうか。
    (まあ実際、ナメコでキラキラ輝いているのだろうが)

    「遠くから見れば、大抵のものは綺麗に見える。」

    捜索を中断し、冒険に一旦の区切りを付けたとき。
    僕はそんなことを思ったのだ。
    冒険はひとまずここまでにしておくのがよいだろう。
    と。

    しかし、冒険の継続を期待する声がある。

    「 僕はいったいどうすればいいのだろう?
     でもどうすればいいのかは僕にはわかっていた。
     とにかく待っていればいいのだ。
     何かがやってくるのを待てばいいのだ。いつもいつもそうだった。
     手詰まりになったときには、慌てて動く必要はない。じっと待っていれば、何かが起こる。何かがやってくる。
     じっと目をこらして、薄明の中で何かが動き始めるのを待っていればいいのだ。僕は経験からそれを学んだ。
     それはいつか必ず動くのだ。もしそれが必要なものであるなら、それは必ず動く。
     よろしい、ゆっくり待とう。 」

    ———–

    私も「世界の終わり・・」は大好きな作品の1つです。現実の世界と心の世界。物質的世界と観念的世界。
    対極にいながらも一体を為す二つの世界が、交互に綴られ、やがて収束していく展開に引き込まれました。

    ところで、やみくろの世界の中心で、「僕」が持ってきたパンと缶詰を、博士がサンドイッチのようにして食べていたあのシーン。
    なぜだかよく分かりませんが、異様なほどに食欲が掻き立てられました。

    ダンス・ダンス・ダンスも大好きですね。

    村上作品は、登場人物の中にある、心や、思いや、考えや、過去や、
    人生においてその内に宿している澱のようなものから引き起こされる物語が多くあります。
    したがって、ありきたりなハッピーエンドな終わり方をするものはあまりありません。
    小説が最後のページまで来たとしても、人生という物語は続いていきますからね。

    その中において、ダンス・ダンス・ダンスは、闇の中から抜け出し、輝く世界の中での人生が始まる。
    人生というステップを踏み続けるんだ。
    そんな終わり方をした物語で、村上作品の中では珍しく清純な(笑)読後感を得ました。

    ———–

    くまたろうは、もともと一眼レフを入れるつもりだったので、ファスナーどうこうの問題ではありませんでした。
    しっかり食べて成獣になってくれないと、とてもではありませんが無理そうです。

コメントを残す