くまのきもち、ぼくわかる

山を通して知り合い、やがて仲良くなった友がいる。齢も四十を超えれば、気心許せる新たな友人なんて なかなか出来ないものだ。山が引き合わせてくれたと感謝している。彼は、いや彼らは、春が息吹くと、船形山の山麓にあしげく通ってい … 続きを読む くまのきもち、ぼくわかる