地図訓

 

 

地図訓なんてものがあるのかは知らないが。

まぁ地図訓。

 

先週の蘭山に引き続いて、近隣の山でTさん地図読み練習のお手伝い。

 

 

―――――――

 

 

チームメイトのAさんの練習もお付き合いしたいのだが週末はなかなか難しくて叶っていない。

まぁ宿題だしたのできっと頑張ってくれるだろう(笑)

 

 

ところで、地図読みルートファインディング&地形図理解の練習は今の季節がやりやすいデスネ

 

 

 

みっちり時間をかけて、これで2山行。だいぶできるようになったみたい。GPS一度も見ずに、バリエーション区間もなんなく踏破。下山後、自信満々のVサインをしていた。

 

 

――――――

 

 

私の方は、時間に余裕があれば大丈夫なのだが、スピーディーさと、歩行速度や時間に応じて地図落とし、視覚距離と地図内距離の感覚(?)

といったところが未熟なので自身も日々練習中。

 

 

サポートしながら、私はこちらの部分を気にしながら歩いた。

 

 


 

 

道中、

 

 

道を探して、縫うように歩いていくと、

 

 

人面魚ならぬ、

 

 

 

 

人面雪庇が迎えてくれた(笑)

 

 

めっちゃ 笑顔 (^o^  のロングヘアーのお姉さん

 

 

 

 

 

 

来週の労山主催・雪崩講習会の予習をしてオシマイ。

弱層は浅いところに1つだけ。その下はすべてよく締まっていた。

 

 

先々週の木曜の異常高温で出来たやつかもしれないな。

この辺の標高だと弱層が出来るのは2月下旬ぐらいからだろう。

 

一旦溶けてから、また固まって、その上にまた雪が降る。

そして弱層の出来上がり。

 

 

講習で指定されている本にも書いてあった。

頭で知ってはいたが、

こういう風に現地で確認するとしっかり記憶に刻まれる。