下見登山と言う名の、本気登山という名の、変態登山。

 

 

 

来週、面白山高原駅から大東岳への雪訓があるので、先週末、下見に行こうと思っていた。まぁ南面白山ピストンするだけのルンルン下見気分であったのだが、M兄さんから連絡があった。”下見行くなら一緒に行きませんか?”  ただのピストン下見に人を誘うようなひとぢゃない。ぜってーこれだ。聞く前から予定ルートが目に浮かんだ(笑) 送られてきた計画書を見ると案の定そのとおりだった!

 

 

 

 

 

そして結構装備すごい!一泊できる!まぁさもありなん。仙山線止まったら駅遭難だもの。泊まれない装備では凍え死ぬ(笑) ということで先週行く予定だったのだが、実はお流れになった。

「”登れない熊”なので一緒にいけません・・・。」 失意で傷心のわたしは前日にドタキャンするほかなかったのだ。山は気力だもんね。気力なくして登れないでしょ。仕方ないよね。・・・な訳はなく、先週末の土曜は新雪雪崩と仙山線が怖かったので流れたのだが。

 

 

 

 

しかし傷心だったのは本当である(笑) かくして今日は多少の雪と強風はありそうなものの、決行となったのだが、私の気分は未だに一向に盛り上がってこなかった。だって傷心中・・(笑)

 

 

 

ところで本日は、同じく始発で山形側から来た若い方がいた。彼が先行していたのだがまったく追いつけない。すげー体力だった。尾根に乗ってようやく追いつき、そこからは我々が感謝の気持ちで先行となった。

 

 

 

なかなか気分が盛り上がって来ない私であったが、山頂が近づき風と雪とガスがすごくなってくると、俄然盛り上がってきた!うおー!これぞ冬山!これこそ雪山!楽しいー!すげーキレイ!!!現金なもんである(笑)

 

 

 

かくして山頂。

 

 

いい風吹いていた!わたし、強風好きなんだろうか・・・。風が吹き、雪が横からあたると楽しくなる。。Mなんだろうか。。

しかしなかなかアイゼンピッケルが使える状態にならんなぁ。いつも体力づくりの重しとなって担いでいる。

 

 

 

 

そして、下りは予定通り東側の尾根に向かったのだが、簡単では無かった。降りられそうな降り口がなかなかみつからないのだ。

 

 

 

見つからない→登り返し

 

 

 

見つからない→登り返し

 

 

 

 

登り返しや、厳しいトラバースを繰り返すこと数度。ようやくいけそうな降り口を見つた私たちは安堵して小休止。

 

 

 

ようやく狙った緩斜面が見えてくると歓喜で尻セードをしだすM兄さん。

 

 

 

しかしここからもひどい尾根が続いた。別名落とし穴尾根。

この時期に立派すぎるだろうってぐらいのスッカスカのモナカが尾根上にずっと続く。

 

 

 

落ちる

 

 

 

落ちる

 

 

 

腐ってる

 

 

 

スーパーマリオブラザーズのごとく、幾多のトラップにへとへとになりながら、16時20分ごろ、やっとゲレンデに・・・歓喜!!案の定というか、仙山線は止まっていたようだが、我々が乗る時に丁度運転再開したようだ。よかったよかった。

 

全然下見じゃないし。本気登山だし。しかも駅テント泊想定のえげつないバリエーションだし。

これもう冒険だろ。M兄さんとくまぷーの大冒険 in 南面白。

わたしの元気も戻り、無事に完結!

 

 

 


 

 

 

最近は、山岳会でも、冬山はBCスキー全盛で、こういう歩きの冬山バリエーションってあまりやらないみたいです。こういう山行計画だしても、人もあまり集まらないらしい。わたしも多少はBCスキーは興味あるのですが、歩きバリエーションの方が楽しいかなぁ・・・。スキーといっても歩行手段の補助として便利なのだろうかとか考えてしまうし、今のところはこのままでいいかもしれない。やりだしたら数年は山スキーの練習でほとんどの時間が取られちゃうようだしこの歳から始めるにはなんか微妙だ。山を始めた頃からも、バリエーションスタイルの山歩きが好きだったしネ。

 

ところでM兄さんは言っていた。

 

チームTだけど別名チームAだよな。

 

だって、われわれ。

 

AMANOJAKU