ちょっくら下見へ。

 

 

実は初めての面白山高原駅

スキー場あったのも知らなかった。

私は学生時代はもっぱら山形蔵王でスキーだったので他所をほとんど知らない。

 


 

下見フェチ

 

来週末に備え、取り付きのところをちょっくら下見へ。今度の訓練山行は天候、雪面次第では相当厳しい山行になることもありえるのでビビっている。ビビってもいるけれど期待もしている。しかし暴風だった場合ちゃんと寝れるかなぁ。それが心配だ。未体験なことばかりなので不安は尽きないのだ。

 

まぁしかしアンノウンのうち減らせるものは減らしておけば少し安心できるので下見。思い返すと、自分でやってきた3年間も、背伸びな山行の前は、私は下見ばかりしている。用意周到といえば聞こえはいいが、実はそうでなく単にビビリなだけだ(笑) 下見は精神安定剤なのだ。

 

登山口行ってみたら駐車場がわからない!登山口分からない!これだけでもオロオロしちゃいませんか?そういうのも含めて楽しめる方も結構いるようなんですが、私はダメなようです!

 

 


 

 

 


尾根到達(夏道合流)

 

 

 

 


 

気持ちのええ尾根だ。

 

 

 

 


気持ちのええ霧氷だ。

 

 

 

 


気持ちのええ着雪だ。

 

 

 

 


怖い写真。

 

 

 


 

 

 

紙地図コンパスはだいぶ使えるようになったかなぁと思うものの、これは学生時代も少しやっていたのであまり不安はなかったのだ。せっかくあるのだからと、山を始めた頃から、お手軽スマホしていたのだが・・・。これの悪いところは、地形を事前に頭に入れなくなってしまうところ、事前に考えなくなってしまうところ。だと前々から思っている。地形やルートを事前に見なくなるところ。一生懸命地図を見なくなる所。山を始めた人がお手軽スマホGPSのまま進んじゃうとまずいところは多分ここだ。GPS誤差だとかリスク管理だとか紙地図コンパスが使えないだとか、そういう所ではない。・・・と思う。そして、案の定、私自身やっぱり身に付いていない。いまはこれが課題だ。

 

 

まぁあとスマホを、山というところで頻繁に出してしまうところ、かな。携帯電話は最後の連絡手段なので、スマホで写真撮ったり、地図を見たりするのもバッテリー的には非常にもったいなかったりする。頻繁にみるのであればガーミンとかの方がいいのでしょうね。

 

 

来週末の天気はどうなるか。ラッセルきついと上までいけないので、ほどほどに締まっていて欲しい。天候もほどほどであって欲しいと思うものの、悪天候も体験しておきたい。ビビリなので体験しておきたいのだ(笑)

 

コメントを残す