0

飛べない豚。

 

私は運動神経はあまりよくない。

 

自覚している。

 

 

あと、人と同じことをしているのもあまり好きではない。

 

だから、

 

朝のラジオ体操は無意識にやっていると

 

 

一人だけテンポが異なる時もある。

 

 

 

 

―――――――

 

 

ところで最近、

 

 

ロープの結び方や、ビレイ(自己確保)の取り方なんかを覚えたりしている。

 

 

夏の暑さはやっぱり苦手だし、沢登りできるようになりたい。

 

 

そして、新しいのを覚えると、

 

 

Tさんにたまに披露しつつ、教えている。

 

 

物事は人に教えてこそ覚えられるからね。

 

 

―――――――

 

 

―― これが、クローブヒッチ

 

―― 簡易的にビレイを取れる。

 

―― へー。

 

 

―――――――

 

 

―― これが、クレイムハイスト

 

―― アルプスなんかでも、これでランニングビレイを取りながら安全に降りたりできるらしい。

 

―― へー!

 

 

―――――――

 

 

―― これがスリングで作る簡易チェストハーネス

 

―― これとカラビナと、イタリアンヒッチで簡易懸垂ができる。アルプスでも使えるかもね。

 

―― へー!!

 

 

―――――――

 

 

学生の頃のワンゲル時代には、

 

何十kgも担いで10日近くのアルプス縦走を何度もしたTさん。

 

上品そうな人なんであるが

 

 

 

――― 当時は、目の前にある沢は全て水場だった。

 

 

 

と言い放つ豪傑である。

 

高校、大学と、ワンゲルで過ごせば、

 

アルプスの名だたる縦走コースはたっぷり経験済みである。

 

 

―――――――

 

 

しかし、

 

 

アルプスはもう一度。

 

という想いもあるらしい。

 

なもんで、アルプスという用語を出すと、

 

あまり興味のなかったロープワークも熱心に聞くようになる。

 

うまく教えるなら餌選びは大事なんである。

 

 

―――――――

 

 

 

―― ところでさ、結ぶ練習や確保(ビレイ)の練習ばかり熱心で、登る練習したほういいんじゃないの? 薬莱にボルダリングできるところあるみたいだよ。登る練習もしないとだめだよ。

 

―― ボルダリングとか興味ない。山じゃないし。ほら、これがダブルフィッシャーマン。紐と紐を結べる。クライマーはいろいろ覚えることが多いんだよ。

 

―― クライマーって・・・、この前、木によじ登れずに、ずでんっ てお尻から落ちたじゃん。

 

―― ・・・。

 

―― ビレイは大事なんだよ。ビレイ出来ないと、落ちたら死んじゃうんだよ。ほら、これが、バタフライノット、途中に輪っかを作って安全に・・・

 

―― ビレイばかり練習してても登れないじゃん。

 

――・・・。

 

―― そういえば俺、ビレイ(確保)するためのことばかり勉強している。外でやったのも降りる(懸垂)練習だし・・・。俺、クライマーじゃない・・・のか・・・?

 

―― そうだよ。

 

―― クライミングできないのに、ビレイ(確保)の練習ばかりしていて、沢に行っても、ビレイ取ったまま登れず、一人置いていかれるんだよ。

 

 

 

 

――・・・。

 

 

 

―― 俺、このままじゃ、

 

 

 

―― ビレイマン。

 

 

 

――――――ー

 

 

 

飛べない豚、登れないくまぷー

 

 

 

 

コメントを残す