0

ココヘリ

 

先月入会したココヘリ。冬山講習の計画書を見たら、メンバー表にココヘリIDを書く項目があった。そして3割近くが記載されていた。山岳会の人が多いからだろうけれど、けっこう浸透していると思った。年会費3,650円はかなりコスパは良い。捜索に民間ヘリが飛んだたら、1フライトあたり100万、200万が飛んでいく世界だ。捜索費用の保険に入ったと思っても安いと思う。年会費払っているだけで、1事案につき3回まで飛んでくれる。

 

 

発信機も小さくて、20gぐらいだし、邪魔にならない。フル充電で三ヶ月持つという優秀さ。

 

 

なんで入会したかといえば、私は変な道を行くことも多いからであるが、自分というものをあまり信用していからってのも大きい。そろそろ山を始めて三年になる。いまだ怪我1つしてないのだが、そのうち大怪我や滑落事故はあるだろうし、道迷いももちろんありうる。体調の異変や病気だって突発的に誰にだって起こりうる。うちの場合、母に、遭難にまつわる金銭的な迷惑をかけたくないからってのも。

 

 

まぁあと、熊やイノシシにやられるかもしれんし(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

 

私もそうですが、本格的な山行まではしない一般登山であっても、こんなのに2,3個 当てはまる人には便利なサービスだと思います。

 

 

  • 単独山行をする
  • 冬山をする
    • 船形山域で言えば、水神コースの泉ヶ岳、升沢コースに沿った蛇ヶ岳もしくは船形山、以外は、他の登山者がいない可能性は高い
  • 一般道以外を歩く
    • ヤブの中で倒れたら、たとえ里山であろうと、捜索は困難を極めます
  • 山菜を採る
    • 今年、長野でありえんぐらいキノコ採りの人が亡くなっている
  • イワナ釣りをする
    • 沢は怖いよね!

 

 

 

―――――――

 

 

 

こんな営業活動をしたところでお駄賃はもらえないのであるが!

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

晩秋の最後の紅葉っていいよねぇ

(泉ヶ岳表コース)

 

 

コメントを残す