神室連峰(Day 2)

 

 

ここについた時、心底安堵した。

 

下山でトラバース箇所があるので安心はできないけどね。

最悪ビバークすればいいやと思っていたので気は楽だった。

 

槍ヶ

 


 

 

 

天狗森までに異変あったらすぐに引き返す。・・・を約束事にして出発。ともあれ、杢蔵山から前日に来た人の情報があったおかげであった。それが無かったら、そもそも小屋泊下山だったと思う。

 

 

 

 


深いところでこのぐらい。トレースもありがたい。雪も締まっており、凍っていないので非常に歩きやすい。斜面ではキックステップもなんとか効くレベル。助かった。前日はズルズルで相当しんどかったようです。あれだけ足のありそうな人が18時半までかかったのですから。

 

 

 

 

 

 

晴天予報でしたがガス。これは、里は、昼にかけて暑い日になるかもしれない。高山は大雲海であっただろうな。

 

 

 

 

 

 


以東岳のようだ。すごいなー神室。

 

 

 

 

 

 

問題の小又山であるが・・・、ガスが取れなかった。山頂はガスで視界ゼロ。まあ好天の縦走は、早朝にはこういうことありますね。ただ、風がないので山の天気としては抜群です。

 

 

 

 

 

 


振り返り小又山。あそこ降りてきたんかー、かなり慎重に降りたが雪はまだ締まっていて大丈夫だった。

 

 

 

 

 

 

 



眼前に広がる火打岳と荒々しい山々。足はまったくもって問題ない。昨日のあれはなんだったのだってレベル。まあそれでもペースはかなり落とした。後ろから来る、女性二人含む地元グループと付かず離れずな感じ。

 

 

 

 

 


火打岳の向こうに月山が顔を出した。

 

 

 

 

 


近づく火打岳。あれ登るんかー・・・。登ってみて、腰痛の意味が分かった。火打の北斜面は南側と別物。何かあったら一泊する覚悟じゃないと、とても怖い斜面なんですが、これが何故一般道なのか。もう登りたくない(笑)

 

 

 

 

 

 



槍ヶ先に向けてもくもくと亀足を進める。荷物はずいぶん軽くなった。遥か向こうに八森山。

 

 

 

 

 



振り返る長大な縦走路。

 

 

 

 

 

 


前夜+二日間の旅路を終える最後の光景。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

杢蔵山までの主稜線完走はもういいや。火打の北斜面が・・・。次回は、南と北で分けて考えよう。びびりなんであれは無理です(笑) そして、本日も、杢蔵山から神室山頂に向けて歩いてくる人とスライドしたんです。小屋泊とか。同じパターンで、同じぐらいの年齢の人が連日神室を歩く。

 

 

 

 

あそこどうやって降りるねん(・_・;)

 

 

 

―――――――

 

 

 

くだらないエッセイは書くかどうか分かりません。

ちょこっと真面目な感じになりそうなのでやめようかなと(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

その他、写真