神室連峰(Day 2)

 

 

ここについた時、心底安堵した。

 

下山でトラバース箇所があるので安心はできないけどね。

最悪ビバークすればいいやと思っていたので気は楽だった。

 

槍ヶ

 


 

 

 

天狗森までに異変あったらすぐに引き返す。・・・を約束事にして出発。ともあれ、杢蔵山から前日に来た人の情報があったおかげであった。それが無かったら、そもそも小屋泊下山だったと思う。

 

 

 

 


深いところでこのぐらい。トレースもありがたい。雪も締まっており、凍っていないので非常に歩きやすい。斜面ではキックステップもなんとか効くレベル。助かった。前日はズルズルで相当しんどかったようです。あれだけ足のありそうな人が18時半までかかったのですから。

 

 

 

 

 

 

晴天予報でしたがガス。これは、里は、昼にかけて暑い日になるかもしれない。高山は大雲海であっただろうな。

 

 

 

 

 

 


以東岳のようだ。すごいなー神室。

 

 

 

 

 

 

問題の小又山であるが・・・、ガスが取れなかった。山頂はガスで視界ゼロ。まあ好天の縦走は、早朝にはこういうことありますね。ただ、風がないので山の天気としては抜群です。

 

 

 

 

 

 


振り返り小又山。あそこ降りてきたんかー、かなり慎重に降りたが雪はまだ締まっていて大丈夫だった。

 

 

 

 

 

 

 



眼前に広がる火打岳と荒々しい山々。足はまったくもって問題ない。昨日のあれはなんだったのだってレベル。まあそれでもペースはかなり落とした。後ろから来る、女性二人含む地元グループと付かず離れずな感じ。

 

 

 

 

 


火打岳の向こうに月山が顔を出した。

 

 

 

 

 


近づく火打岳。あれ登るんかー・・・。登ってみて、腰痛の意味が分かった。火打の北斜面は南側と別物。何かあったら一泊する覚悟じゃないと、とても怖い斜面なんですが、これが何故一般道なのか。もう登りたくない(笑)

 

 

 

 

 

 



槍ヶ先に向けてもくもくと亀足を進める。荷物はずいぶん軽くなった。遥か向こうに八森山。

 

 

 

 

 



振り返る長大な縦走路。

 

 

 

 

 

 


前夜+二日間の旅路を終える最後の光景。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

杢蔵山までの主稜線完走はもういいや。火打の北斜面が・・・。次回は、南と北で分けて考えよう。びびりなんであれは無理です(笑) そして、本日も、杢蔵山から神室山頂に向けて歩いてくる人とスライドしたんです。小屋泊とか。同じパターンで、同じぐらいの年齢の人が連日神室を歩く。

 

 

 

 

あそこどうやって降りるねん(・_・;)

 

 

 

―――――――

 

 

 

くだらないエッセイは書くかどうか分かりません。

ちょこっと真面目な感じになりそうなのでやめようかなと(笑)

 

 

 

―――――――

 

 

その他、写真

 

 

  1. tabilogue2 より:

    おつかれさま 慎重さがもろに伝わってきました 
    いい山行記でした おおきな「旅の世界」になってたね
    一人旅 一人車中泊 一人JR登山 タクシー予約 足攣り 小屋泊 他人の流儀の勉強 
    今年はじめての雪 小又山の不安 火打のノッコシのしんどさ 槍ヶ先での安堵

    いやあJRで小杉駅に降り立った時の「行くぜっ!」という気持ち、 昔に戻らせていただきました 
    どんだけ 計画して どんだけ練り直ししたのか 自分と比べて同じ想いなので・・・
    つい ジンときちゃって オジサン涙が出てきちゃったよw

  2. くまぷー より:

    この山域すごいなぁと思ったのは2年前の6月。神室山から、どこまでも続く山々と稜線を見た時。
    ここまで歩いてきたいなあと、ぼんやり思ったのは、今年の6月に槍ヶ先から火打岳まで歩いた時。
    でした。

    秋までに1,2本、別ルートも下見したかったのですが、林道崩壊で叶わず。

    登り口も降り口も、移動面でいろいろ検討したのですが、登山口も駐車スペースもルートも未知では
    不安を感じるびびりなので結局こうなりました。

    10月頭にいくつか予定を立てて検討していたものの、風邪と天気で今年はお流れかなあと思っていたのですが幸運でした。
    木金は、期待と不安とわくわくとドキドキが入り混じり、アドレナリンが(笑)

    不安は一部的中してしまいましたが、自分なりに対処できたかな・・・と。
    山登りな山遊びを主体的にやっている私ですが、今回は登山できたかなぁとちょっぴり思えました。

  3. tabilogue2 より:

    足の痙攣、、、御神楽岳でやらかしました。左足の靴が合わずに踵の靴ずれを起こしました。主原因でしたね。
    ソレをカバーして変な登り方になってしまったんですね。それで右太ももに痙攣が来た。続いて左太ももにも。
    前夜の酒も原因でした。アルコール分解のために水分取られちゃって 水分カツカツで急斜面の岩場でしたから。
    飯豊でもやっています。その時は、行きずりの方に酢昆布と梅干し戴いて スキッと一発で治りました。
    ミネラルが良いんだそうで 岩塩 天然塩 酢昆布 梅干しなどと レモンかオレンジなどでしょうか?

    下りの場合は 登りで痙攣した筋肉とは別の筋肉を使うので そのまま下っても痙攣など気にせず下れます。覚えておいてください。
    よかったですね。いい経験を積むことが出来ました なんせとにかく 冷静な自己分析とタクティクス能力が素晴らしいです。

  4. くまぷー より:

    おはようございます。

    水摂取状況を振り返ってみたのですが、金曜朝に珈琲(300ml)、昼食時無し、
    14時ぐらいにペットボトル500ml、夕飯でお茶。平日はいつもこの程度。

    前夜泊の車中でビール350ml、翌朝に朝食と200mlぐらいの飲むヨーグルト、
    新庄駅でカフェラテ(レギュラーサイズ)

    珈琲は利尿作用あるようですから水が出ますし、ビールも然り。全然足りてなかったのでしょうね。

    平日はいつもこんな感じですし、土曜に足の攣りがよく出ていたことも鑑みると、足りてないんでしょうね。
    金曜に汁物や麺類を食べることと、酢昆布、塩昆布は持ち歩くことにしようと思います!
    塩昆布は小屋で調理にも使えますし、持ち歩くものとしていいですね。

    進退極まる、みたいな状況になったのは2回目ですかね。1回目はそこまでじゃありませんでしたが。
    何があるか分からないよなぁ、怪我や滑落はともかく、病気や体の変調は誰にだって
    起きうるわけで・・・。というのを改めて痛感した登山でした。

    #誤記、訂正しておきました

コメントを残す