2

虹のしくみは覚えられる。

 

ブロッケン

 


 

 

紅葉のしくみはすぐ忘れる。「カロテノイド黄の色素)」だの、「アントシアン赤の色素)」だの、化学的な説明を読んでもさっぱり頭に入らない。寝て起きれば翌朝には忘れている。科学は好きだけれど化学はあまり好きではない。

 

 

物理は割と好きなので、光を伴う現象のお話しは、すっと頭に入ってくる。虹もブロッケンも説明を読めば、長く覚えているし、忘れない。

 

 

 

―――――――

 

 

 

 好きこそ物の上手なれ

 

 

ということか。

 

 

 

―――――――

 

 

 

光は、その中に、七色の光を詰め込んでいる(波長の違ういろんな光)。空中に水や氷の粒があったりして、光がその粒の中を通過すると、分解されて虹色となって外に出てくる。それを目にする時に、太陽の位置、自分の位置、水滴の位置でいろんな見え方になる。虹だったり、ブロッケンだったり、彩雲だったり。
 

 

 

―――――――

 

 

 


環水平アーク(湯殿山)

 

 

 

―――――――

 

 

 

小さい子に説明するときは、上ぐらいで十分だろう。

 

 

あまりにお伽話にしてしまうと、サイエンス脳が育たない

 

 

 

―――――――

 

 

青い空。

 

染まる朝焼け、夕焼け。

 

赤い月。

 

 

 

―――――――

 

 

 

波長の違ういろんな光が詰まっているから、いろんな見え方になるんである。

 

 

 

―――――――

 

 

 

異界への入り口か。(幻の紫の霧

 

 

 

―――――――

 

 

 

七色の光が中に詰まっている

 

 

というのは、

 

 

メルヘンチックな説明でもあるけど、真実でもある。

 

 

 

―――――――

 

 

 


泉ヶ岳のゲレンデを少し登れば、こんな紅い月が、街明かり中からぽわんと出てくる。

 

 

 

―――――――

 

 

 

地平から長い距離を通って光がやってくる時、

 

波長の長い光(赤)しか残らないので赤くなる。

 

朝焼け夕焼けも同じだ。

 

 

 

―――――――

 

 

 

ところで、

 

モノに色は付いていないというお話。

 

 

 

―――――――

 

 

モノ(物)には色が付いていると、誰もが思うけれど、

 

モノ自身には色はない。

 

というよりモノに色という概念すらない。

 

 

―――――――

 

 

七色を内包する光がモノにあたる。

 

モノが、どの色を跳ね返すか。

 

それによって、モノに色が付く。

 

 

―――――――

 

 

サンカヨウ(泉ヶ岳三叉路)

 

 

―――――――

 

 

草木の

 

葉が緑なのだからなのではない。

 

緑の光を好んで跳ね返すからになる。

 

 

―――――――

 

 

 

モノは当たった光の中から色を選ぶ。

 

モノ自身に色は無い。

 

光がモノに色を与える

 

 

禅問答のような光とモノと色。

 

 

 

―――――――

 

 

 

七色全てを跳ね返すモノは白く見える

 

七色全てを吸い込むモノは黒く見える

 

光を通過させるものは透明になる

 

特定の何色かを跳ね返すモノには色が付く

 

 

 

―――――――

 

 

光と色を捉えて遊ぶ写真というものは、何とも言えない楽しさがある。(ミスミソウ、角田山)

 

 

―――――――

 

 

 

もし、光が一色だけだったら、世界はモノトーン。

 

 

光が様々な色を内包するからこそ

 

 

世界は色彩を帯び、輝きを放つ。

 

 

―――――――

 

 

もう何十回も登った船形山だが、初めての時に見た景色が未だに三本の指に入ったままだ。

 

 

―――――――

 

 

世界って謎に包まれていて神秘的だよね。

 

 

―――――――

 

 

※七色ではなくて、人にとっては三原色でもあるし、五色でもある。

はたまた無限に異なる色を持つとも言える。

他の生物の目から見るとまた違う。

色は絶対的なものではないというのもこれまた面白い事実である

 

 

2 件のコメントがあります。

  1. 光のあれこれは、現象としてはっきりしていることが多いので、
    説明を読めば理解できるし納得できる。目に見える物理はそんなに複雑じゃない。
    夕焼けが光が大気を通して起こる現象として一番好きな光景です。

    一方、森で起こることや、生物や生命、山で起こることはさっぱり分かりません。
    目に見えない化学や物理がいっぱいつまっていて摩訶不思議。
    植物の、化学によって起こることは、説明されているものをみてもとんと理解できません。

コメントを残す