覚えられない紅葉のしくみ

 

 

三峰山にとんぼ飛ぶ

 


 

 

 

紅葉のしくみはすぐ忘れる。

 

小難しい説明を読めば理解はできるけど

 

なぜか記憶に残らない。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

忘れない程度に覚えようとするなら、

 

 

 

 

“冬の支度が始まると、栄養を作っていた葉緑素がいらなくなる。

 

緑の素が無くなるからいろんな色に変わる。”

 

 

 

 

せいぜいこの程度にしておくことだろうか。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 


紅葉前の升沢林道(桑沼付近, 10/6)山登りで林道が絡むのは好きではないが、光の当たり方が面白い。写真撮るのは好き。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

しかしだよ、小さい子供に聞かれたら何と説明する?

 

上のですら難しいように思える。

 

さてどうするか。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 


後白髪山へ向かう道(10/6)

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

雪が降ると、木は春までの眠りにつくんだよ。

 

その前に、

 

自慢の色を持ち寄って、

 

秋の宴を開くんだ。

 

色を奏でる木々たちの演奏会。

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

まぁでも、

 

最近の子供にこんな説明したら鼻で笑われそう(笑)

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 


多分今年も10月第3週あたりでしょう。桑沼。(2016/10/22)

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

 

なんだかその傍にあるスズ沼の紅葉も結構すごいらしいよ!?

 

 

何年かに一度しかならないそうだけど

 

 

対岸が燃えるように真紅に染まるらしい。