三峰山・後白髪山

 

 

煌めく宝珠

 


 

 

稜線紅葉もあと一週を残すばかりでしょうか。

本日も船形山域、長倉尾根からの三峰山、後白髪山です。

 

 

―――――――

 

 

秋の紅葉を静かに楽しみたい。

 

そんなあなたにオススメの秋の船形、稜線縦走コース

 

 

――――――

 

 

 

一泊でもしなければなかなか行くことができない長倉尾根。そしてピストンするだけでは十分に楽しめない後白髪山

 

この2つ。

 

行きたくても行けない。なんかしこりとなったまま、何故か行けないでいる方が案外多いようです。船形山頂小屋泊をすれば簡単なのですが、そこは人の性。泊まるなら他の山行きたい!って人が多いからでしょう(笑)

 

 

そんなあなたにオススメしたい縦走コースです。10月中旬あたりまでおすすめです。

 

  1. 朝5時ぐらいに後白髪山登山口に1台デポ(屋敷平)
    • 5台程度駐車可能ですが、ほんっとに人気が無い登山コースですので絶対に駐められます。人とスライドすることのほうが珍しい山。できれば定義林道4K地点がオススメですが、車と相談して下さい。
  2. もう1台で桑沼、もしくは、大倉山登山口に駐車、もしくは送ってもらう。
    • 40分ぐらいで着きます。この時期必ず空いてます。
  3. 登山開始
    • 大倉尾根~長倉尾根~三峰山~三叉路~後白髪山~定義(屋敷平)
    • 横川コースで降りると、長い長い林道歩きとなってしまうので、後白髪コースを推したい。豊かなブナの森を堪能して下さい。
    • 水場は長倉尾根に1つ、下空沢に1つ。ともに冷たく美味しいです。沢ですが伏流水。いつも飲みますが下痢したことはありません。
  4. 18kmぐらいになりますが、比較的楽なルートですので、そこそこ歩ける人ならまず大丈夫です。全般的に下りが多いです。8時間程度でいけると思います。

 

あんまガイドみたいなことをブログでする気はありませんし、知識も経験もあまりないので、何となく程度でご参考にして下さい。

 

 

―――――――

 

 

 


幻想的な景色をよく魅せてくれる桑沼を眺めてから登山スタートです。桑沼~大倉尾根は現在通行止め。行くならよく慣れてる人と行って下さい。大倉山の方からいっても時間的には大して変わりませんので、できれば大倉山からが良いです。

 

 

 

 

 


大倉尾根の急登は変な樹がたくさんありますので愛でながらあくせく上りましょう。

 

 

 

 


大倉尾根にあがってしまえば、あとは緩やかな尾根登りです。ブナが黄色になるころには大変素晴らしいところです。

 

 

 

 


間もなくしてある分岐を右折。煌めく長倉尾根を堪能しながら歩きましょう。下りも上りもありますが緩やかです。

 

 

 

 

 


大変自然豊かに残る尾根ですので、あまり急がず写真を楽しみながらゆっくり歩くのがオススメです。

 

 

 

 


長い長倉尾根ですが、1時間ちょっとばかり歩くと、遂に船形連峰の山々が眼の前に飛び込んできます。後白髪山と三峰山。長倉尾根をあるいた先に見える船形連峰は本当に格別です。ぜひこの感動を皆さんにも味わってほしい。ちなみに、人と会うことは本当に少ないコースです。今日は最初から最後まで人っ子一人いなかった。

 

 

 

 


そして振り返ると、馴染み深い泉ヶ岳と北泉ヶ岳が見たことのない姿で楽しませてくれます。そして、ここを歩いてきたんだなぁと、という充実感がきっと溢れてきます。

 

 

 

 


三峰山に登れば、眼前に飛び込んでくる圧倒的な存在感、主峰、船形山。

 

 

 

 


後白髪山へは三叉路を左折。この地点も船形山から来る人は手前で降りていくため人が来ることは少ないです。

 

 

 



後白髪山からの下りは、使う人が少ないためかガレも少なく、ふっかふかの縦走路が続きます。

 

 

 

 


上空沢で水を補給、近くにはオバケのキノコ畑があったりします。すごすぎて採る気にもならん・・・(笑)

 

 

 

 

 


下りはブナの森が延々続きます。樹林帯歩きがあまり好きではない人には長い距離ですが、森歩きが好きな人にとっては、ふかふかの路、そして豊かな森。素敵な場所ですよ!

 

 

 

車の位置によって15~18kmと変わりますが、そこまできついルート取りではありませんので日帰りでしか行けないって人は是非。本日は、桑沼~屋敷平でした。暑いと、きついので十分に天候は検討下さい。

 

 

―――――――

 

 

今日は、ペース配分や休憩のとり方に十分注意を払って歩いてきました。暑さはあったけど、皆さんのんびり楽しめたようで良かった。もしものときは、4人で一泊可能なぐらいは準備してきましたので、自分としても安心しながら歩けた。

 

 

いやーしかしですよ! 長倉尾根を辿った先、そして、突如、船形連峰は峰々が目の前に現れると本当に感激するなあ・・・。こんな素晴らしい紅葉を誰にも邪魔されずに楽しめる。長倉尾根からの三峰山、後白髪山。満足度150%だった。

 

 

台風もあって、前泊するか、風を見ながら小屋泊していくかとか、どうしようかこうしようか悩んでいた日月の新庄神室。

 

 

おかげさまで、今日十分に満足した!ということで、スルーすることに(笑)

 

 

明日は山頂泊。

 

 

 

  1. repertum より:

    この時期の三峰は良いですね。去年、薪荷揚げの時に定義から三峰経由で合流しようとして長倉尾根を歩きました。
    ただ、尾根は藪に覆われていませんでしたか?

  2. くまぷー より:

    おはようございます。眼の前に現れた三峰はかっこよかったですねぇ。
    しゅっと、天に向かって燃えるようにそびえ立っておりました。

    長倉尾根~三峰の登りが始まる手前あたりが少しうるさいぐらいでしたかね。
    三峰山頂~三叉路はまったくでした。

  3. maronn より:

    いやぁ~~いがった!
    凄い錦繡でした。
    思ってたほどしんどくないし、泉ヶ岳とか船形を見る角度が新鮮でした。
    ドンピシャな紅葉・天気でまぶしかったです。
    お誘い本当にありがとうございました。

  4. くまぷー より:

    ホントにえがったですねぇ!

    ちょっぴり暑かったけれど、稜線上では終始快晴の雲海、午後過ぎは陰ってきて歩きやすかったですし、
    これで今年の最後になるであろう(?)夏山気分も楽しめて、いい日和でしたね。

    三峰あたりから見る船形山はかっちょえー!のですが、長倉尾根を歩いた先に、相まみえるからこれまたいいのでしょう!

コメントを残す