知らぬ間に進化していくスマホカメラ。

 

 

日暮前の広瀬川

 

接写もこなす、かしこいスマホ。

 


 

 

最近のスマホカメラすごい。

 

 

おまけだった昔とは別物。

 

 

―――――――

 

 

 

最先端は複数レンズ

 

 

Auファーウェイ

 

 

 

 

 

苦手だったズームを、レンズを変えて撮るという離れ業。

 

 

レンズ2つで同時撮影して、HDRをやるという飛び道具。

 

 

次のiPhoneは、複数レンズになるらしい?

 

 

そのうち、スマホカメラが業界を引っ張るようになるのでは。

 

 

―――――――

 

 

写真の世界では、デジタルカメラの登場により、

 

 

”写真” の定義 に、未だ混沌が続いているそうな。

 

 

―――――――

 

 

まぁでも、最後は、

 

 

何をどういう構図で撮るか

 

 

にしかならないんじゃないかな。

 

 

これが一番難しいんだけどね。

 

 

―――――――

 

 

被写体と背景、光と影、光と光、影と影、色と色

 

静と動、動と静、動と動

 

 

これを使って

 

 

足し算、引き算、足し算、引き算

 

 

構図を作る。

 

 

そこに一緒に感性を流し込む。

 

 

―――――――

 

 

髭の先生はあまり教えてもくれないし、

 

 

聞いても語ってくれることも少ないし、

 

 

分かりやすく説明もしてくれないけれど、

 

 

こういうことじゃないかなあと今は思っている。

 

 

―――――――

 

 

そんな風に思えたのが今年の春。

 

 

再び振り出し。

 

 

良い写真撮りたいな、

 

 

なんて卑しい心で被写体を探すと、自己満足な写真しか撮れない。

 

 

今は気楽に、良いなと思ったものを撮っている。

 

 

ファインダーを覗いていると楽しい。

 

 

―――――――

 

 

 

 

やっぱり、桜井先生のこの一枚は買えばよかった。

 

 

なんたってタイトルもよい。

 

 

そのうち自分でこんなの撮るから買わない!

 

 

なんて糞生意気なことをいって買わなかった私(笑)

 

 

  1. tabilogue2 より:

    その自信 どこから 湧いてくるんだ?( ´艸`) ふしぎ感覚満載くん。
    そう!構図だね、、、最後は・・・。 だね! 難しいんだ これが。

  2. くまぷー より:

    なんででしょうね。多分、憧れたからだと思います!

    こんな絵を、こんな一枚を撮りたい! 

    写真集をみてそう思った時に、いつもは渦巻く、くだらない雑念や煩悩はありませんでした。
    だからそのうち撮れるような気がしています。

コメントを残す