山に持っていく嗜好品、贅沢品。

 

 

 

山の楽しみ方はいろいろだ。

 

 

―――――――

 

 

景色を楽しむ人。

 

歩くのが好きな人。

 

走るのが好きな人。

 

写真が好きな人。

 

山飯や酒を楽みたい人。

 

服装にこだわりたい人。

 

とにかく身軽がいい人。

 

 

―――――――

 

 

まぁいろいろだ。

 

 

それに合わせて山に持っていく、

 

“無くてもいい物”

 

嗜好品、贅沢品はあるだろう。

 

 

―――――――

 

 

私も小屋泊の時、別になくてもいいじゃん?

 

と思うけれど、大抵持っていく物があるんである。

 

 

―――――――

 

 

それは何かと言うと・・・・

 

 

―――――――

 

 

パジャマ

 

 

 

―――――――

 

 

先日も、道中、何度も突っ込まれた。

 

パジャマ!

 

パジャマなんか持ってくる人いない!

 

重い重い、とか言っておきながら、

 

パジャマ!

 

 

―――――――

 

 

笑わないで欲しい。

 

抱き枕じゃないだけマシだと思う。

 

 

―――――――

 

 

なんでパジャマなんか持ってくるかって?

 

ほら、山着のままだと正装じゃないですか。

 

緊張が解けないっていうの?

 

普段のパジャマ着るとね。

 

妙にリラックスできるんですよ。

 

おうち感覚っていうの?

 

 

―――――――

 

 

そして快眠。

 

家にいるかのように、朝起きると、

 

小屋に50人は居た人たち。

 

ほぼ居ない。

 

 

―――――――

 

 

パジャマ偉大。

 

 

 

コメントを残す