4

オススメしたい北泉ヶ岳トレイルコース。

こんな感じ。

な訳はないんだけど。


 

市民の山、泉ヶ岳と北泉ヶ岳であるが。車一台で簡単に楽しめるとはいえ、登って降りるだけではちょっと飽きてくる。いろいろコースはあるので周回するようにもできるんだけど、やはりプチっとでも縦走すれば、より楽しめるのが山歩きの常である。

 

 

そんな時にオススメなのがこれだ。

 

 

泉ヶ岳大駐車場に一台、車デポ。もう一台(なければマウンテンバイク等々で)で、スプリング・バレーを通過して、升沢林道を進み、大倉山の麓に駐車。桑沼より先の大倉山の麓がオススメだ。桑沼から大倉尾根への直登コースは行けないこともないが(現在通行止め)、無理する必要はない。何より大倉尾根を大倉山から北泉ヶ岳に向かって楽しんだほうが気持ちいい。

 

 

―――――――

 

 

大倉尾根

緩やかな登りで大変気持ちいい。桑沼を上から見下ろせるビューポイントもある。春にはシロヤシオが咲き乱れる。大倉山には屋根付きのあずま屋もあります。

 

長倉尾根

ついでにあまり行く機会の無いであろう長倉尾根を少し辿ってみるのがオススメだ。ブナの森がずっと続き、これ以上無い森林浴を楽しめる。水場あたりまでが丁度いいとお思う。水場は北側に踏み跡があるのでその下の沢。沢音は聞こえている。開けた場所で大休止に最適。テン場として使われることもあるという。

 

北泉ヶ岳

長倉尾根から登り返して北泉ヶ岳。眺望は殆ど無いので、軽く小休止して、泉ヶ岳大駐車場まで戻ろう。ちなみに三叉路までの下山路も変化に富んでいて楽しめる。

 

 

―――――――

 

 

オススメしたいのはこれだけじゃない

 

 

大体、上のルートで10kmだ。大倉山の麓は多少標高が高い(800m)。泉ヶ岳大駐車場は標高520mだ。体力が低下気味な人にもとっても助かるルート。そしてプチ縦走が楽しめるのだから満足度も高いこと請け合いである。

 

 

でも、体力がある方には、さらにこの先もオススメしたい。

 

 

  1. 大駐車場に着いたら、まず、荷物を軽くします。
  2. 同行する人がいるなら預けちゃったほうがいい。
  3. 水ぐらいは持ちましょう。

 

 

―――――――

 

 

そして

 

 

 

 

道路を走るのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこへって?

 

 

 

 

大倉山の麓まで!

体力余って、腹がふっくらしてる人にオススメだよ!

 

 

 

 

 

そう、この区間!

 

 

 

 

 


泉ヶ岳表コース登山口通過!!

 

 

 

 

 

 


スプリング・バレー通過!微妙な登りがきついぜ!!ちょっと元気が無い(笑)

 

 

 

 

 


たまには車で素通りするだけの場所を足で行くのも良いもだよ!!蘭山だってゆっくり眺められる!

 

 

 

 

 


ダートになった!長靴では、砂利石で足が痛くて、思うように走れない!!

 

 

 

 

走る~、走る~、おれーたーちー♪

 

 

の、BGMが心の中で流れたところで。

 

 

俺しかいないんだけど。

 

 

 

 


桑沼の手前のとこには水場もあるんだよ!知ってた!?覚えとくとこのコースを走るなら便利!!

 

 

 

 

 


桑沼通過!!もう無理!!

 

 

 

 

 

そして遂に!

 

 

 

 

 

 

 


ゴーーーーーーーーーール!

 

 

 

 

 

よく頑張った、俺!!

 

 

 

 

 

追加おかわりの10km、2時間切った!!空身パワー!微妙な登りきついけどね!

 

 

 

 

―――――――

 

 

 

みなさん、車デポ時には、鍵を持ったか確認は絶対にしましょう・・・・

 

 

特に普段車を出さない人をデポ縦走に連れ出すときには・・・

 

 

 

―――――――

 

 

おまけ

 

 

戻ってキャンプ場、街灯も明るいし暗くなっても大丈夫。

 

 

 

さぁキノコ汁作るかといそいそ準備しはじめると。

 

 

 

 

 

 


消灯になった(笑)

 

 

 

 

 

 

 


異様である(笑) まぁ場代の金も払ってないので文句も言えない。

 

 

 

 

 


おまけその2。あまり喜ばれないウスヒラタケ。味も薄いのでお吸い物にしかならない。しかしである。ペペロンチーノとか炒めものにするととっても美味しいのだよー!味が残るのだ!!

 

 

 

 

 

 


ナラタケはやはり汁。

 

 

 

 

 

美味しそうでしょう!?

 

 

 

美味しかったよ!

 

 

 

周りは真っ暗だけどさ!

 

 

 

―――――――

 

 

 

おかわり10km歩いた私は、泉ヶ岳から下りの運転で、ポンピングブレーキ中に足が攣りそうになって、うおーーー!と苦しんだのは言うまでもない。

 

 

4 件のコメントがあります。

  1. ご苦労様でした。
    “普段車を出さない人を・・・”と“鍵を持ったか確認”しなかった苦い思い出があるのですねぇ。

  2. 疲れました。

    取り返しのつく場所で良かったです。山を挟んで反対側、道路で30km超えとかだったらタクシーで数万円ですかね。
    といっても、林道とかだと行ってくれるかも分からない。

    次から気をつけねば・・・。

  3. これが栗駒の羽後岐街道だったら泣くね(爆)
    携帯繋がらないからタクシーも呼べないし・・・

  4. 何度も何度も通っていた場所でしたが、思っていた以上に遠いし、登りもそこそこあるし・・・
    車って偉大だな、と改めて思いました。

    旗坂、定義のデポで、このパターンだとどうなっちゃうんだろうなぁ。
    登り返して戻るのは危険だし。。

    バスだと、仙台駅までいって、そこから大和町、そしてタクシーで旗坂。
    車回収して、、帰宅は夜中ですね。

    おー怖い怖い・・・。

コメントを残す