土キノコ採り講習。

 

山の恵


 

 

今日は県北の山と仙台市内の里山で、念願の土キノコ採り講習を受けてきた。授業料はなんと無料だ。

 

 

ブナの森の広葉樹に付く秋キノコは、写真の師匠や山海里のおじさんに見てもらって覚えていった。しかし、土キノコは難しいのである。似たようなキノコが多いので判別を付けるのが難しいのだ。また、土から生える毒キノコにはかなり猛毒なものも多いので、図鑑頼りの半端な知識でキノコ採りなんてとてもじゃないが出来ない。

 

 

―――――――

 

 

キノコ採りにはやはり籠である。

 

 

―――――――

 

 

取り敢えず今日は2つだけ覚えた。しかしなぁ、土キノコはやはり難しいぜ!

 

 

 

―――――――

 

サクラシメジ

 

 

 


覚えたいキノコの1つであったが、これは多分大丈夫になったような気はする。ドクベニタケとの違いはよく分かったので次から見つけたら採れるだろう。ちなみにかなり美味いらしい。

 

 

 

 

―――――――

 

 

トキイロラッパタケ

 

 


採るものが無い時に仕方なしに採るキノコらしい。しかし、松茸より美味い!と書いてあるブログもあったりして謎。とりあえず明後日にでも食ってみよう。

 

 

 

 

―――――――

 

 

秋はもうすぐそこですねえ

 

 

黄色の葉がかなり目立ちはじめました。

 

 

 

 

 

コメントを残す