0

ダイナミックレンジ

 

写真というかカメラは、この手の光景を正確に写し取ることはできない。夕焼け部分をターゲットにすれば上のような写真となる。一方、実際には真っ黒ではない手前の近景を撮ろうとすると下のようになる。

 

 

 


もっとやろうとすると空が真っ白に写る。

 

 

 

まぁこれは仕方ないことで、太陽の光の強さから暗闇まで、非常に幅の広い光量のものを、モニターや(紙に印刷した)写真で見ようとする限りどうしようもない。カメラが悪いというよりは、何で見るかが問題なのである。

 

 

ただ、光の強弱でいうと1枚目の写真も2枚めの写真も正しい。光の強弱さえ合っていれば、実際にはシルエットなんかではない光景でも不自然には見えない。とはいえ、夕焼けを撮りたいなら上の写真となる。他の部分はシルエットになってしまうが、それはそれとして、画作りに使えばいいのだ。

 

 

 

―――――――

 

 

HDR撮影

 

無理やりこれをどうにかする方法もある。HDR撮影というものだ。暗い部分も明るい部分もしっかりと撮れるけど、光の強弱としてはおかしくなる。見た瞬間、不自然だと誰もが感じる。そして気持ち悪い。でもこれはこれとして、好んで撮る人がいてジャンルとしては賑わっているようだ。

 

 

 


こういう写真
(Google画像検索)

 

 

 

※ちなみにHDR撮影も、強度を弱めにすれば不自然さは消える。ようは使いようだ。画像処理としても、シャドウ上げ、ハイライト下げ、みたいなことをすれば似たようなことはできる。いずれにしてもやりすぎると、不自然さが写真に出る。

 

 

 

―――――――

 

 

HDRテレビ

 

別の方法もある。画面で見る場合を直接なんとかする解決策だ。従来のディスプレイより輝度を大幅に上げるたHDRテレビというやつだ。

 

 

 

―――――――

 

 

詳しい解説をしているサイト

 

この手の話は、ダイナミックレンジ、という言葉で説明されるのだが、ものすごく詳しく知りたい人にはここの解説が素晴らしいです。かなりマニアックですが、ここまでしっかり説明しているのを見たことが無い。JPGがモニターの輝度範囲に合わせる仕様となっているというのは知らないトリビアだった。ちなみにダイナミックレンジが今よりとんでもない広さのカメラが出たところで、写真にしたりモニターで見る限り大した解決にはならない。ということもよく分かる解説です。実際にはそういうセンサーも試作としてあるらしいのですが、HDR写真のようになるだけみたいです。

 

 

また、写真(紙)よりモニターの輝度範囲の方が広いようで、輝度の幅が大きい明るい光景を見せるなら、タブレットで見たほうが写真にするよりきちんと見れる。ということになる。巨大な液晶モニターによる写真展というのも将来は結構あるのかもしれない。

 

 

―――――――

 

 

将来のためにRAW撮影

 

ちなみに将来、今より輝度幅の高い一般用の液晶モニターが普及するやもしれません。花火まぶしっ!と思えるようなテレビやモニターです。見るに際して、目は疲れるかもしれませんが、表現の幅は広がります。といっても、外で我々はそういう光景を見ているのですから問題は無いでしょう。

 

 

一枚目の写真のようなものも、より強い光を発する液晶モニターでみれば、夕焼けは夕焼けとして、シルエット部分も少し中身が分かる写真として見れるやもしれません。ただし、JPGではなくRAWで撮って残しておく必要がありますが。

 

 

―――――――

 

 

まぁ何を言いたいのかと言いますと、こういうことを理解したからといって、あるいは高価な機材を使ったところで、なかなかいい写真は撮れねーよな!

 

 

ということです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す