0

54字の文学賞。

仙台市秋保ビジターセンター (のトイレ)


 

俳句や川柳、短歌など、文字数に制限を加えて楽しむ文学が日本にはある。一種の遊び心もあるし、楽しき文学である。ところで、『54字の文学賞』 なる新興のジャンルがあるのはご存知だろうか。ルールは至って簡単。54文字だけで物語を綴るのだ。

 

54文字しかないのに、物語が成立するのだろうか? 優秀賞を読んでみるまでは分からなかった。読んで見て一目(読?)瞭然。

 

短い文字数ゆえに書ききれない部分をうまいこと(あえて?)端折る。レトリックやブラックジョークをこっそりと潜ませておくのだ。

 

 

-------

 

 

作者は54文字の中に何かを潜ませる。読者は読後にその何かを探る。

 

作者と読者が対話を楽しむ。

 

隠されていたものに気づけばニヤっと笑える物語の全貌が開ける。ときには戦慄するジョークが潜んでいることもある。いずれにしても、54文字の中では語られていなかった物語の全貌が読後にパッと広がる。

 

実に楽しい文学賞だ。

 

優秀賞はこちら

 

 

 

 

 

-------

 

 

自分も、山ネタで1つ・・・と暇な時に考えているのだが簡単ではない。

 

先日も、石川啄木の歌を眺めながら、静かな個室で思索にふけっていた。

 

出さなければいけないものはすぐに出るのだが、いいアイディアはなかなか出てこない。

 

 

-------

 

 

しかし、1つだけ出来た。

 

 

-------

 

 

 

 

 

登山しない人には分からない54字の物語。

 

 

 

 

-------

 

 

コメントを残す