0

上海酒家

黒豚四川風辛豚煮 水豚煮

四川風で山椒の辛さが効いてるけど、辛いだけじゃなくてしっかりとしたコクと旨味があった。キャベツが固めに炒めてあるのも気に入った。ビールにめちゃくちゃ合う。


 

 

仙台で観測史上最高の37.2度だそうで。この夏、あまりに暑くて、余計な記事を書く意欲もとんと消え失せた。

 

 

 

―――――――

 

 

 

月に一回、名古屋から仕事で来ていただいている人がいる。数年前の夏。その人は言っていた。

 

 

――― 30℃だと過ごしやすくてちょうどいいね。35℃で暑い日だなあって感じ。仙台は避暑に来た気分。

 

 

信じられん・・・・と思ったものだ。その頃の肌感覚というか夏感覚では、30℃超えが一夏に何日か来て、あっつー!ってなもんだったからだ。仙台は海流の影響で日本中が暑い日でも、なぜか25℃とかが多い場所だったはずだ。隠れた軽井沢の仙台。どこいっちゃったのー!?

 

しかし、慣れれば慣れるものですね。最近、気温30℃は、確かに過ごしやすい気温。と思えるようになってきた。

 

 

 

―――――――

 

 

 

こんな日はビールを飲むしかないだろう。美味しく飲むには、辛いものでもハフハフしながら中華だろう。この暑いさなか、今週末は往復400km近く運転して、20km以上歩くようなので、栄養をとっておかねばならない。自分では、小屋泊してまではいかないだろうなぁ、でも日帰りとかでは絶対やらないだろうなぁ、というコースだったので楽しみである。

 

 

 

―――――――

 

 

 

木町通そばの、上海酒家(Google写真

 

 

店主は中国人。本場料理ながら安くて美味かった。一品で十分な量。お値段は、580円、680円、780円で、ほぼどれでも食べられる。夜は “がんばれお父さんセット” (1000円)なるものがあって、生ビール、料理一品自由、お通し付き。なかなか満足できる量と味で1000円。やす!3000円からコースがあるけど、品数はかなり多い。近くにある美香園(こちらも中国人店主で本場の味が割りかし安く味わえる)よりも、品数的にボリューミーかもしれない。

 

 

若い頃に、広東にいったことがあった。中国から来ていた大学の先生に連れていってもらった場末の小さい料理店。そこを思い出すような店だった。小さい店だし、高級感もないけれど、味と値段と量に満足できる。たぶん、言えば味や辛さの調整なんか気軽に応じてくれる。そんなお店。

 

 

山椒で吹き出る汗、ビール。山から帰ってきてこれが出来たら最高なんだが(笑)

 

 

 

 

 

 

エビチャーハン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す