0

桑沼三湖

美しき桑沼


 

ちょっとお留守にしていたので、森の時間に参加して、久しぶりに森歩き。桑沼、すず沼、ハス沼を散策してきました。先週、少し歩きすぎたので、のんびり森歩き。みなさんと楽しく、笑って、喋りながら、森を楽しんできました。他にも2,3グループ、森ハイキングを楽しんでい方もおられた。このあたり、キノコで少し奥地にも行ったりしたことはあったものの、あまり徘徊してない場所なので、新たな発見がたくさんありました。楽しかった~!

 

 

 


本日は、淑女7人、かわいいキッズ1人、おんつぁん3か4人。キッズが手を広げて歩く。かわいい(笑)

 

 

 

 



すず沼。右手の大木は菩提樹(シナ)。花が咲いていていいお茶っ葉になるんだとか。もうだいぶ弱っている樹だそうで、だからこそ花を付けているんだとか。大きな木なのに、葉っぱも他と比べて随分と小さい。最後の力を振り絞って咲かせている花。一掴みだけ頂いてきた。少し水に浸して、花咲かせてから、すず沼を200年を見てきた生気をいただこうと思う。

 

 

 

 


ハス沼

 

 

 

 


今日は、草木にとても詳しいSさんという、森の時間の古参の女性の方がこられていて、しょっちゅう傍を歩いて、樹々の解説を頂いて大変勉強になりました。これは、あずきなし

 

 

 

 


カマツガ。赤い実がなると食べられるみたい。採りに来ねば!

 

 

 

 


花期が終わり、大きく葉を広げる、五葉つつじ(ヤシオ)の葉。

 

 

 

 


白雲木。ハクウンボク。まさに頭上に雲が広がる。

 

 

 

 


ハクウンボクの葉っぱ。すべすべというかなんだろう、絹のような葉っぱです。

 

 

 

 


カツラの巨木。船形の森では多分これが一番すごい桂ということ。氾濫原のお母堂さまより、数回りは大きいです。桜井先生の写真集にある、”小さな小さな1つぶの種でした” のあれです。樹齢どうこうよりもとにかくこの根の開き方がとにかく立派。上をみあげず根をずっとみていたい程でした。

 

 

 

 


この後、何人かで新しく出来た喫茶店に行き、写真を見てもらいました。結構残った!ちょっとは上達しているかもしれない!?

 

 

コメントを残す