10

トチアブラという新しい山菜の生まれた日。

ブナ、高らかに春を謳う。


 

今日はるんるん山菜採りしてお昼は天麩羅。といっても自信を持って採れる菜っ葉ものの山菜はコゴミとハリギリ(タラの芽)しかない。一昨年、昨年と、秋キノコにはドハマリしたが、菜っ葉にはなかなか食指が向かない。情熱も足りない。情熱が沸かないとトンと物覚えの悪い私。しかしながら今年は採れるものを増やそうと、多少は予習をしてきた。1年に2つ増やせば10年後には菜っ葉も20種類は採れるのが増える。これで十分だ。とりあえず今年のターゲットはコシアブラとウドである。天麩羅の用意をして、ぽかぽかの陽気の中、萌える新緑の里山を眺めながらMさんと旗坂に向かった。

 

 

 


そこへ、偶然出くわした桜井先生。これは幸い。そこらに生えていた山菜を1つ習う。ヨブスマソウ(ホンナ)。天麩羅に合うらしい。茎が別れているところのヒラヒラと赤い色がポイントだそうだ。レパートリーが1つ増えたぞ!

 

 

 


桜井先生と別れて、すいーすいーとハリギリ牧場に様子をみに行く。蛙のカップルも子分どもを引き連れて、すいーすいーとしていた。

 

 

 


すいーすいー、あ、お爺さん、こんにちはー。僕たち今忙しんで、ちょっとどいてくださいな。

 

ほかにも悪そうな黒いやつがいたり、七色の蛙が住む水たまりでした。

 

 

 


おっとここにも合体カップルが。そしてしばらく、近くの場所にコシアブラが見つかった。

 

 

 

”これ絶対コシアブラだって!写真で見たもん!”

と言い張る私。

 

”え、でも、子供の時みたのと何か違うような・・・”

とつぶやくMさん。

 

”間違いないよ、先生いるから食べる前に聞けるし、取っていこう!”

 

 

 

 


小ぶりながらハリギリも20本近く取れて、コシアブラも、コゴミも、ホンナも増やして大収穫である。

 

 

 

天麩羅が上がるころに再び現れた先生。

 

 

”先生、コシアブラ取れました!”

 

 

”ばっかだな、こりゃトチノキだ、食えないことはないけど、かなりえぐいぞ。”

 

 

”・・・・・・(゚∀゚;)”

 

 

何故かしてやったりのMさんの視線が痛い。

 

 

 

 

去年は、イタドリをみつけて、ウドだウドだと歓喜した残念なわたくし。

ことしは、トチノキの新芽をみつけて、コシアブラだコシアブラだと歓喜したわたくし。

 

 

進歩がない。

 

 

 

しかしこれで、イタドリ、コシアブラ、トチノキは覚えたぞ!間違うとしっかり覚えるようだ(笑) あとは念願のウドを覚えりゃ取り敢えず今年の目標達成だ。ウドはもう出るに違いない斜面を升沢で見つけていて、先生にも探りを入れたところ出るらしいことをボソッと言っていたので今年は食えるはずである。

 

 

 

 

ということで天麩羅タイムは続くが、どうも横でキャンプをしている人が気になる。近づいてお顔を覗くと、何ということでしょう、私は30年前にタイムスリップしてしまったのでしょうか。升沢小屋管理人でもあられるCさんがそこにいるではありませんか。どうしちゃったんだこの若返り方。

 

 

 

”すいません。Cさんですよね?”

 

”あ、はい、やっぱり分かります?”

 

 

 

 


そんなこんなで、あとから山を降りてきた本物のCさんも交えて、天麩羅パーティは続いたのでした。イワナの刺し身とイワナ天麩羅も即席で振る舞って頂いた。イノシシ肉も出てきて大変美味しゅうございました。父のスピリットを継いでいるのか、イワナ釣りも調理も軽々とこなし、とても爽やかな青年でした。最後はCさんが命名した”トチアブラ”で大いに盛り上がって宴は終わったのであった。

 

 

 

食ってみましたが、結構いけるんですよ、トチアブラ。と負け惜しみを言っておく(笑)

 

 

 


ちどり荘、うこん桜満開です。お風呂から堪能できます。今年は、過去類を見ない異例の速さで開花だそうです。夜はライトアップされてこれまた素晴らしいです。お見逃し無く。

 

10 件のコメントがあります。

  1. oyagumaです。お久しぶりです。精力的に山遊びを満喫されておられるようで,羨ましい限りです。
    合体している虫の写真の次の写真の右側に写っているのは,コシアブラではないのでは??
    コシアブラのこれぐらいの大きさの葉だと本当に油っぽいテカリがあります。コシアブラの見つけ方は,葉よりも木の幹に横一線のブツブツ模様が入っているかどうかで確認した方が簡単かも知れません。
    ところで,船形に頻繁に入られているくまぷーさんにお尋ね申し上げたいのですが,鈴沼付近にブナの巨木があると聞き及び,是非一度お目にかかりたいと考えております。御存じありませんでしょうか。何でも藪がひどくて,積雪期限定なんだそうです。もし場所がお分かりでしtら,御教示願えませんでしょうか。よろしくお願い致します。
    でもヤマ天楽しそうですね。これでビールをぐっといったら最高でしょうね。運転して帰れなくなっちゃいますけど。

  2. oyagumaさんこんばんは!お久しぶりでございます。

    合体の写真のはキャプションがちょっとあれでした、そのあと程なく見つけて採ってきたのがコシアブラです。冬芽から、葉の下の茎(?)に毛が生えつつニョキニョキっとのびてる若芽。天麩羅写真の右下のやつですね。まぁコシアブラではなくてトチアブラ(笑)なんですが。本物は見せてもらったので多分もう大丈夫です!茎の部分の色が特徴的ですね。幹のブツブツもみてみます!

    あの辺りどうなんでしょうか。巨木がいっぱいでどれだかわかりませんがすごいのもあるのかもしれません。梅花藻咲く辺りにシイノキのどでかいのもあります。鈴沼の遊歩道半分ぐらい行ったところから右にそれるとかなりの蜜笹藪ですがでっかいブナはありました。個人的な藪レベルでは4弱です。最大5。じりじりとしか進みません。残雪残る頃は、鈴沼の北方向の奥も良いかもしれません。立派なブナがたくさん。氾濫原の雰囲気のブナバージョンで、お気に入りの場所です。升沢遊歩道の内側にもかなり老齢で優美な立ち姿でずっと升沢を見守っているブナもございます。

  3. くまぷーさん。お早うございます。色々教えて頂き有難うございます。ブナの巨木は,鈴沼周辺の谷筋にあると聞いています。地図を見ると鈴沼北東側にも,西側にも谷筋があるので,どっちかなと思いまして。北側奥にも大物があるですか。これは是非行ってみないと・・。

    先日小荒沢林道を歩いて,大滝キャンプ場に抜け,そこから船形を登ったのですが,最後の斜面は強烈でした。ピッケルと12本爪のアイゼンを念のため持っていったのですが,これが大正解。滑落におびえながらやっとこ稜線に出たときは,精魂尽きてました。ヤマレコのルート取りで積雪期の大滝経由がないのも納得です。大滝キャンプ場へ向かう道も地図どおり進んだところ,やたらアップダウンがあって,いつも車で通ってたコースからはかなり逸脱したみたいです。積雪期のルートファインディングは難しいですね。良い勉強になりました。

    船形から長倉尾根を縦走し,大倉山から下山して升沢に帰るときに,林道の北側に697という三角点があり,ここから藪斜面を下ってショートカットに使っています。毎回落ち葉で滑ってひっ転びます。でもあの遊歩道は趣があり,沼もあったりして,おもしろそうなので一度じっくり歩きたいです。ただブユが多いのには毎回閉口しておりました。

    氾濫原はそろそろ見頃なんですね。シロヤシオはまだちょっと早いかな?でもわくわくする時期になりました。どこぞでお目にかかれる日を楽しみにしております。

  4. 雪が無いときに西筋も行ってみて下さいー。良いものがあります!藪と熊はまあまあひどいです。長靴じゃないといけません。
    そして南西も行ってみて下さいー。こっちも良いものがあります!
    全部行ってみて下さい(笑)

    私は行っておりませんが、積雪期に大滝キャンプ場へに向かう時は、花染尾根にある程度上がっちゃったほうが楽だと聞いています。残雪期の今は林道で良いと思いますが。
    この時期はお友達のヤマちゃんがよくやっているのですが、旗坂から山頂(泊)、下りに鈴沼です。カチカチでなければカカト踏み込んでアイゼン効かして降りていけば楽だと思います。大滝からは林道。小荒沢林道、今年は中旬ぐらいまでには開通しそうですね。

  5. もしや,ヤマチャンというのは,船形山の主様でしょうか。もしそうだとしたら,巨木の話は主様からお聞きした情報です。先日主様と小屋で御一緒させていただいたのですが,下りに鈴沼というコースは主様も述べておられました。30代位のコーヒー通の方です。

  6. はい、そのとおりでございます。
    お若そうな、ちょっと食べ過ぎな感じの!?コーヒー狂です(笑)

    山飯がとても上手です。

  7. アハハ~。そうでしたか。今度お会いになったら,是非よろしくお伝えください。昨年の同じ時期に升沢コースを登っていったとき,三光のすぐ下の雪屁近くでお声掛けいただき,思いもよらないところで,コーヒーを御馳走になりました。自家焙煎で,しかもミルも持参,そしてアルコールとの二刀流をされるようですね。その際に前夜は小屋泊まりで,朝に大滝の巨木を見て,花染経由で登り返してきたとおっしゃってました。鈴沼の紫の霧の話もされてました。行動特性もぴったりですね。そして恐ろしい馬力の持ち主です。

    ところで,soneさんとも一緒に行動されているのですか。soneさんのブログにもときおり御邪魔して情報頂いております。soneさんの写真も素晴らしいですよね。ブナの新緑の色がなかなか思い通りに出せずにいたので,昨年色々と教えて頂きました。

    連休後半,氾濫原にするか鈴沼にするか思案中です。

  8. 了解しました!宜しくお伝えしておきます。といっても今晩の夜更けに氾濫原で会う予定です。
    夜明けを氾濫原で迎えます。熊も迎えそうです(笑)

    SONEさんの写真は光景写真として素晴らしいですね!いい場所で、いい時に、いい構図で撮る!
    だから評価もされていて、セミプロ的な活動もできているんだと思います。

    私の写真は絶対に金になりませんけれど(゚∀゚;)

  9. 氾濫原の様子是非教えてください。
    今日はわざわざ鈴沼まで行って頂いたのですね。御面倒をお掛け致しました。石巻からだと升沢まで概ね2時間弱(速度制限を守った場合)で,ある意味それらしい山に入る場所としては一番近い地域です。噛めば噛むほど味が出てくるスルメみたいな場所ですので,私もホームグラウンドにしたいのですが,何せ歳が歳で,腰が腰なので・・・。
    しかし鈴沼周辺は熊さん一杯なんですね。一人で(いつもそうなんですけど)入るときには,気休めに熊スプレーと爆竹と無線持っていってます。
    変な武装したくないんですけど,まだ未成年の子がおりますもので。

  10. いえいえ、ご面倒ではなくコメントを頂いているうちに行きたくなってしまったのです(笑)

    昨日は大きな大きなほかほかのうんちもございました。かなり遠くでしたがキャンプ場へあがる道路の左遠方に一匹見えました。
    氾濫原はニリンソウ満開を迎えました。

コメントを残す