写真のバックアップ

 

Amazon ドライブ(フォト)は写真については無制限


 

パソコンで使うファイルは、いっぱいあってバックアップが大変。写真をよく撮る人だとバックアップに悩まされる。ハードディスクを別に用意してやるのが一般的だ。この場合のリスクとしては、震災、火事、雷サージ。雷雨が来たら、結線しているケーブルはハードディスクから全て外しておかないと、データが吹っ飛ぶ確率はちょっとある。

 

バックアップの方法として、最近はクラウドも選択肢。その中で、アマゾン・ドライブ(フォト)がなかなかよい。アマゾンのサービスが突然中断&データの復旧もできない、と同時に、家のハードディスクも同じく死亡。こんなことはまずないだろうから万全と言っていいだろう。ただし、ますますAmazon教への信者化が進んでしまう。Google教への信者化はもはや諦めている。

 

クラウドなら、Googleフォトという選択肢も。こちらは、Googleの謎の技術でもって、画質の落ちないJPG圧縮された上で、利用容量は無制限。こちらでもいいが圧縮は圧縮。写真を印刷する機会がある人だとちょっと気になる。ただ、アルバムを共有したり、写真を閲覧するには、こちらの方が使い勝手がいい。スマホからも使いやすい。カメラで撮った写真は、選別後に縮小した写真を全部こちらに入れている。共有したり、閲覧するのはGoogleフォト。写真サイズも小さいので閲覧もさくさく。インターフェースも使いやすく快適。

 

DropBoxもあるけれど、クラウドのためだけに月額いくらとかは高すぎ。

 

ということでこうしている。

  • 元ファイルを家のパソコンのハードディスクで保管
  • バックアップはアマゾンドライブ
  • 閲覧用は、縮小した幅1000ピクセル程度の写真を全てGoogleフォト
  • スマホ写真は、Amazonに自動バックアップ。
    • SDカードの容量が減ったら、SDカードの写真は削除。

 

クラウドのバックアップとして、アマゾンドライブの利点。

  • 写真に限り容量無制限
    • ※ただし、無制限はAmazonプライム会員のみ
  • 無圧縮
  • RAWファイルも扱える
  • 専用ソフトが簡単
    • 写真をブラウザにドラッグとかする必要ない。楽。
    • フォルダ構成そのまま保管できる
  • クラウドとローカルPCのフォルダを同期する機能もある。
    • つまりどこからでも同じ環境でフォルダにアクセスできる。仕事とかのファイル管理には便利。

 

プライム会員(年3000円ちょっと程度)になっていなければならないが、アマゾンで買い物をする人なんかは、年間10回ぐらい買うなら送料無料で十分お釣りが来る。他の特典としては、配信中の映画やドラマやアニメを見放題。無線使えるTVなら、居間のTVでもプライム・ビデオを見れる。スマホやパソコンでももちろん見れる。

 

 

コメントを残す