0

角平山(後白髪山山麓)

やばそうな場所に見えますが、張り出し雪庇じゃないので行ってみると意外と安心感のある場所です。左側クラックだけよくみて歩きましょう。


 

後白髪山、雪の回廊。大好きな場所。尾根っぽいところではない場所に出来る巨大な雪堤。場所によっては高さ3mを超える。西側も崖ではなく、東側も緩斜面。安心して歩ける雪庇の回廊です。回廊の南の突端に角平(山)と名付けられた1077mのピークがある。三等三角点が置かれている場所である。ちなみにこの界隈の馴染みの有りそうな山の三角点はこんな感じ。高倉山と前船形山はそのうち行きたいな。

 

一等三角点

船形山、松倉山(七ツ森)

二等三角点

泉ヶ岳、屏風岳、達居森

三等三角点

三峰山、後白髪山、角平(山)、北泉ヶ岳、蘭山、赤崩山、笹倉山、遂倉山、黒鼻山、座禅堂山、花染山、前船形山、高倉山

 

 

昨日までの予報では嵐でしたが、朝になってみたら予報が変わっていた。雨は午前中、ほんの少しだけぱらつき、そのあとは青空でした。強風は相変わらず。空を見上げると雲がものすごい速さで流れていた。嵐覚悟で長靴以外は重装備でしたが拍子抜け。写真倶楽部の自主活動のつもりで、定義林道途中から歩く。上まで行く予定もないので、写真を撮りながらのんびり歩き。雪の状態もよく、踏み抜きもほとんど無し。あっさり回廊まで着いた。体に当たる強風が気持ちいいぐらい。春ですね。

 

 

 



そこから約1km弱。後白髪山、冬期直登ルートの通称ゲレンデがある。夏道の後白髪山は山頂に着くまでほとんど眺望が得られないが、この回廊からゲレンデ部分は大展望が得られる。今日は変な雲行きで、低層雲は西から東、高層雲は東から西と変なの・・・。そして、空が異様に青かった。

 

 

 

 


2月に来るとものすごい風と地吹雪で、冬を通して回廊ができる様子をど迫力で見れます。

 

 

歩いた距離はかなりゆっくりペース。10kmもないかな。満足満足。

 

 

 

エトセトラ

 


途中で折れてしまい成長が止まったネコヤナギ?

 

 

 


水たまり

 

 

 


水たまりと蛙の卵

 

 

 


漢前なブナ

 

 

 


ばーん!

 

 

 


朝寝ていた姫も午後には起きた。

 

 

 


樹幹流の桶

 

 

 


 

 

 


トンネル

 

 

 


玉篠

 

 

定義林道

 


斜面が脆くて通行は少しおっかないあそこが崩れていました。いつものことだけど更に細く。歩けるぐらいしか幅がなかった。ブナ会で来月通られると思うので、Cさんにメールで連絡は入れておきました。ブログのTさんにも一応ブログからご連絡済み。

 

 

コメントを残す