10

花見山のあとの石舞台は夢舞台。

吾妻連峰。本日、脊梁山脈は厳しい寒さに見舞われたことだろう。


 

 

花見山。桜が最盛期を迎える頃は、敬遠しがちな観光地と化す。人がものすごいのだ。静かな山を愛する人にはなかなか行ける山ではない。そんな場所であるが、S氏にご招待頂き喜んで参加することにした。というのも、あの手の場所は、分からないから、人が多いところを回りがちになってしまうのだが、山歩きの開始時間、駐車場所、ルート、こういうところをきちんと精通している方にご案内頂ければまったく違う山と化すのだ。栗駒山とかでもそう。時間帯やルートや駐車場所、こういった知識は山行ルートと同じぐらいに貴重な財産なのだ。こういうところを細やかに知っているというのはやはりS氏のこれまでの経験や山行回数によるものだと思う。

 

 

 


朝6時。茶屋駐車場。

 

 

 


そんな花見山の周回。今年は早い桜の開花でもうこの時期で桜の花びらがあちこちに飛び散っている。

 

 

 

 



十万劫山のあとは花見山に向かう。まだこの時間は時おり小雨や小雪が舞い。なんだか今年初めて早春の気分を味わえたような気がしてしまう。

 

 

 

 


カタクリも最後の輝きを放っていた。

 

 

 

 

 




春の息吹をあちこちで感じつつ、軽快に歩みを進めていく。

 

 

 

 

 



くまに変身したMさんも春を満喫していた。

 

 

 

 


いやー、素晴らしい花見山の周回だった。人に揉まれることもなく春を堪能。大満足で仙台に15時には到着。

 

 

蕃山、石舞台へ

 

今回一緒に車に同乗していった、みこさんとみんくさんも大満足だった様子。仙台に着くも、何だか歩き足りない感もあるし、この後笹倉山にイワウチワでも見に行きますか!と誘ってみたものの、みんくさんは丁重に辞退(笑) まあ唐揚げ買いに行ったりして遅くなっちゃったし仕方ないか。みんくさんと別れた後、石舞台にでも行こうか?とみこさんを誘う。当人、一度行ってみたいと前から言っていたのだ。花見山で大満足したみこさん。石舞台がどこにあるかも知らず、”すぐ着くから”、というとルンルン気分でハイキングである。ルンルンしてると痛い目に会うことが多いのだが、それは言っても詮無いことだ。

 

ミニストップの近くに駐車。石舞台に向かう尾根まで多少藪こぎで向かうが。”こんなはずじゃ・・・” と、またしてもアドベンチャーな様相に顔の表情が暗くなるみこさん。おもむろに自分の首にかけていた熊笛を、ヒューヒュー吹き鳴らす。この熊笛。いつも使っているようだが、はっきりいって全然音が小さい。ひょろ~・・・としか鳴らない。そんなの意味ないじゃん?と思うものの、まあ本人の精神安定のためには意味があるのだろう、と私は黙認している。余りに怖くなると、指笛ならしてよと言われるのだが、大抵私はスルーしている。

 

尾根に乗ってからしばらく。なんか変な感じを私も感じる。音がするわけでもないのだが、なんというか空気感だろうか。あれ、これおかしいな?と思い、指笛を大きく鳴らしながら進む。なんかおかしい。気配がおかしい。しばらくすること数分、前方でガサガサガサガサ!成獣一歩手前の熊がいるではないか。しかし程なく去っていった。熊は大概逃げるものなのだ。石舞台の尾根の方向には行かなかったので、まあ大丈夫だろう。もうすぐそこだし。問題はみこさんが気づいているかどうかだ。”イノシシだったよ” と嘘でごまかそうかと頭をよぎったが、こんなことをしていては、またしても、”くまぷーの悪行の数々” のリストが増えてしまう。何事もない風に装いつつ、後ろをみると、尋常ならざる気配を感じ取っていたみこさん。”何?何?何?” 大事なことなので3回聞きました。

 

バレてしまっては仕方ない。”熊いたよ” とニコヤカに言うものの。まったく通じなかった(笑) しばらくするとみるみる顔が青くなり、胸を抑え始める。動悸がドキドキ動悸不全。見つかってしまっては仕方無い。あえなく撤退となってしまった。”石舞台”にかねてより行きたかったみこさん。行こうといっても、もう付いてくることは二度とないだろう(笑) こうして、”石舞台”はみこさんにとって幻の”夢舞台”となってしまった。

 

S氏と一緒に行くときはみこさんも安心できるようなので、今度お願いするしかないな!

 

 

このすぐ先。

 

 

 


この辺。

 

 

 

10 件のコメントがあります。

  1. お疲れ様でした。
    花見山を満喫した後、ドンデン返しの結末になってしまいましたね。
    母子の熊でなくて良かったです。
    蕃山に熊がいることは承知していましたが、盲導犬訓練センターのすぐ裏にいるとは、人を怖がらない奴かもしれませんね。

  2. お疲れ様でした!

    親離れした3才児のような大きさでした。この時期は母子だと危ないですね!しかし道路の傍も安心はできないですねえ。
    権現森も幹線の直ぐそばでも一度遭遇しています。またいつか石舞台に行かれることがあったら是非みこさんを誘ってあげてください。

    私では精神安定剤にならないようです(笑)

  3. お疲れ様でした。
    何とか天気にも恵まれて花々を堪能できて楽しい花見山でした。
    おまけの山で同類遭遇とは・・・。本当に近いところにいるものですね。
    Mikoさんのドキドキ、早く治りますように(^^)

  4. お疲れ様でした!

    ほんと初春も仲春も味わえて良い日和でした。山の斜面に萌えるように点々と咲く桜が素晴らしかったですね。
    終わった後も刺激的な1日を送れて私としては心に残る1日で、大満足だったのですが、みこさんはどうなのかわかりません(ノ∀`)

  5. 熊にあった時は熊の被り物はしてたんですか?
    くまぷーとリアル熊の出会い。

    あたしはまだ今年は熊に会ってないです。
    会う前に笛を鳴らしても意味がないので、会った際に鳴らすといいです。

  6. 被ってませんでしたね!対決は次の機会に!

    といっても被った対決はすでに3回ぐらいしていますが・・・。
    歩きながら1、2分おきに吹いてましたが、見かけた直後も”ぴーーーーー”と吹いた後に去っていきました。

    私もあまり出会う前の音鳴らしは信用していません。
    人工音で逃げてくれる熊はいいですけど逆に興味持つ熊もきっといるでしょうから。
    鈴も笛もどっちかというと自身の安心効果の意味合いが高いのでは?と思ったりしています。

  7. 花見山 車に同乗させて頂き、ありがとうございました~  
    冒頭のコメントは、ものすごく的を得ていて、そう!そう!と思いながら読ませて頂きました。
    私の記録にコピペをしたいほどです。 

    別れた後、笹倉に行かれたかななんて思ってましたが、石舞台でしたか。おまけにクマに遭遇なんて・・・
    帰りの車のなかで、ミコさんが「クマだけが嫌で・・・」と言っていたことを思い出し、さぞかし怖かったろうと気の毒に思いました。
    季節がら、まだ、暫くはどこでバッタリともあるかもしれませんので、お互い気を付けましょうね。
    大きな声での会話や笑い声などは効果ありと聞いたこともありますよ。 ミコさん 大声で笑って~ (*^^)v
     

  8. いやーよかったですねー、人が多かった所も一部だけですし、
    時間も早かったのでそんなに混雑もしていなく快適でしたね!

    スパイシーな後味がついた1日でなおさら良かったです(笑)

    またの機会を楽しみにしていましょう!

  9. あれから同郷の同類に遭遇されてるとは!
    未だに熊に遇ったことがないので興味津々。
    ルートを見ると石舞台への正規のルートではなく、藪を漕いだように見えますが?
    ソロや少人数で藪漕ぎのときは熊対策として熊鈴を付けてます。ただ熊鈴が効かないという説もありますが…。

    茶屋沼の湖面に映る風景写真がとても印象的。お疲れ様でした!

  10. もんきーさんは、あれだけ山行ってるのに未だに会わないってほんと不思議ですね。猿と熊は犬猿の仲ならぬ猿熊の仲!?
    私は去年5回+亡き骸1回、会ったと言うか見かけています。15m程度は2回。10m以内が1回。今年は初ですね。

    正規ルートは何かめんどっちいというかワクワクが無さそうなので(笑)、よさげな尾根に見えたあそこからにしました。
    なかなかいい尾根でしたよ。撤退するのが惜しいぐらいに。THE獣道!な尾根でした。
    多分我々が尾根に上がるときに奴は尾根の獣道にいて、こちらが追い上げた格好になったのかも。

コメントを残す