二日目、好評開催中です! 『森の時間の写真展』 ~ちょっと森へおいでよ~ 15周年

 

たくさんのご来場、誠にありがとうございます。本日は400名弱のご来場頂きました。山で会うことが多い方々とも再開できまして嬉しい限りです。

車でお越しの場合は、メディアテーク裏側に、有料ですが駐車場(コインパーキング)が多数ありますので、メディアテーク裏側にお回り下さい。ほとんど30分100円か60分200円です。水曜まで開催しておりますので是非お越しください。明日は不在となります。私はあとは火曜日の会場入りとなります。

 

森の時間の写真展 ”ちょっと森へおいでよ”  (15周年)

主催:「森の時間」写真倶楽部

4/6(金)~4/11(水) メディアテーク5階にて開催されます。今年は倶楽部会員の参加が多く20人近くの模様ですので先生の写真をあわせますと70点近くの展示になるようです。森の中のさりげない一コマを各人各様に自分の自然観を込めまして絵作りした写真となります。山岳写真とはこれまた違い、船形山麓の豊かな森の中にある雑多な自然を素材に作品に仕上げた写真展となります。ご興味ありましたら是非ご来場ください。

森の時間の写真展ですが、綺麗な風景写真のようなのはほとんどありません。森の中のさり気ない1コマを各人の感性で切り取った写真展です。登山をする方に好まれる山岳写真と違って、ひと目で綺麗!と思うような写真はほとんどないので、来られる方も層が違っているように思います。それ故か、コアなファンの方は多いようです。ネイチャー写真の分類だとは思うのですが、それともまた何か違うような、という気もしています。個人的には写真の良し悪しや写真の見方だとかは、あまり気にしないで頂いて、題目と写真とで想像を膨らまして欲しいなと思う作品展です。これは先生の感性だと思いますが、普通やられるような、写真の見た目通りの題目付けにはなっていません。一見すると題目と写真がリンクしないものが多いと思いますが、作者それぞれの思いの中では題目と写真がしっかりリンクしています。そこに想像を働かせて見て頂ければ嬉しいです。正直言って写真を撮るより題目付けの方が悩みに悩みます。いろいろ候補をあげていくうちに、その中から先生が汲み取ってくれて、これぞというのを出してくれたりするのですが、さすがだな・・・と感心してしまいます。くやしいから違うのを一生懸命考えるのですがなかなかそれを超えられません。やっぱりそれで食ってきたプロフェッショナルはアマチュアなんかとは雲泥の差があるんだなと最近感じます。

 

 


 

 

買ってもいいと思える写真が先生の写真の中に1枚あった・・・しかしちょっと高い。悩み中だが・・・買うか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お隣のブースでは、”原始布・古代織と藍染め職人の出会い展” も開催されています。こちらも入場無料ですので合わせてご覧下さい。

ところで最近のスマホカメラはスナップ撮影にはもはや十分な性能ですね。