船形山(オーエンス~定義)

 

熊がガーッってしてるように見えないかい?


 

いつかやろうと思っていた船形山主稜線から定義への縦走の日帰り。お借りしている昭和53年発行の山渓の「アルパインガイド 東北の山」にはこう書かれている。

 

船形山から南東へ延びる長大な尾根の先端を泉ヒュッテからたどるもの。おおらかな船形山塊のよさが十分に味わえる縦走である。コース自体はそう難しくないが、船形山への登山コースの中では一番の長丁場。稜線上で幕営しなければならないので健脚向きだ。

 

前にチバさんにメール頂いた時もちょっと返信していたのですが、私にとっては船形山は泉区から見る(見えない)山です。泉ヶ岳と後白髪山が私の船形連峰の窓口です。旗坂や升沢はあれだけ行っていても何か他所のところ。船形山は後白髪山コースと、長倉尾根から向かうのが私にとっては正規のルートなのです。北に住む人は逆の感覚なのだろうと思う。

 

 

 


なこといっても、暑い時は、泉ヶ岳に登るのすら3時間かかるような(笑)、気力でしか登山出来ない人間なので、日帰りするならこの時期しかない。今週は物凄い陽気で雪が緩みましたが、一転、寒気到来でかなり締まって歩きやすいだろうと急遽決行。ヤマちゃんなら付き合ってくれるかもとお誘いしてみたが今週無理。まぁこういうのは単独でやるべきだなと、朝4時前スタートで16時に無事定義に着きました。暑いときに歩いた長倉尾根とは一転。三峰まであっという間だったなあ。余裕あれば薬師森もオプションでいれていましたが山頂着いた時点でガス。GPVの雲量予報では1時間待てば雲は取れそうでしたが今日は眺望みにきたわけでもないですし、無理しないでいいかなーと、山頂小屋で少し休んですぐに下山。ビバーク装備も極力減らしたので軽かった。大満足の積雪期の締めを飾れました。まあでもカイエさんのご子息で私の母校で同級だった彼には到底かなわない。ラッセル定義ピストンとか無理無理無理!

 

 

 

 

 


山頂に向かうみんくさん。またしても出くわした!それと、船形山初登頂の際に、ワインをごちそうしてくれたあの方にも三度目の出会い。最初、当時よりすっかりやせたように!?見えて誰か分からなかった。けれど向こうはすぐわかったようだ。なんでだろう!?(笑)

 

 

 

 

 


しばしのお別れ船形山山頂。また春にね。

 

 

 

 

 


雪の回廊の全長。今日は直登ルートは雪の状態が良くて、全行程お尻で降りた。最高に気持ちよかった!

 

 

 

 

 


朝焼ける蘭山と笹倉山。

 

 

 

 

 




良い山だ。新日本百名山は伊達じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. みくレモン より:

    いや〜、ずっと山メモで見ていましたが、朝いまひとつ天気だったのが、だんだん青空見えてきて、後白髪山に向かうとダーンと青空!
    25km超えと絵に描いたような会心の山行でしたね。
    上ソバ倉も堪能させていただきました! 私的には、長野オリンピックのキャラクターに見える(笑) いや、熊ガオーですか?
    おつかれさまでした〜〜^_^

  2. cahier より:

    凄い偉業でした。体力だけでなく精神力の力業でしたね。
    自分は絶対見ることのできない冬山の数々の素晴らしい眺望を堪能させて頂きました。
    デラクマも4月から仙台勤務になります。以前のようにお山遊びができるようになるといいなと思っています。
    PS
    ミクさんがシチさんと呼ばれた方、私はナナさんと呼ばせてもらっていました。

  3. みんく より:

    雪山の超ロングコース お疲れ様でした~。 ヽ(^。^)ノ 踏破、おめでとうございます!!
    山頂間近で、出会った方が、「先ほど、小屋で会った人、今朝、泉が岳から来て、これから定義に下りるんだって」と、驚きの言葉で教えてくれました。
    ネットでも、時々、日帰り20キロ越えを見ますが、そんな超人が、いよいよ船形にも現れたか!という気持ちでした。
    クマプーさんに会った時、まさか先ほどの話の当人とは思わず、えっえっえっ!?と驚きの3乗くらい、朝4時出発って、既に8時間行動ですか!?
    こちらは、半分位の行程なのに、昨夜はバタン、その日のうちに写真アップなんて、そのスレンダーな体に潜むパワーに驚愕してます。
    綺麗な写真に私なぞが写り込んでしまい、恐縮してますが、なかなか行けない冬の船形で、壮大なチャレンジ中の方に出会えたことは忘れがたい思い出ですので、記念に保管させて頂きます。

    PS カイエさんコメントに乗っかって申し訳ありませんが、私も気になってしかたありません。自分はというと、いつも○○さんと7は省略してた気がします。
      是非、ご回答を

  4. くまぷー より:

    >みくさん

    初めて使ってみましたがヤマメモはなかなか便利ですねえ。何かあったときに山行経過と場所が分かるので安全のためにも意外といいのかなという思いもあって導入してみました。ところで蛇ヶ岳から山頂までの稜線沿いですがなだらかなやや太尾根で樹々もまばらで景色が大変いいところです。また来シーズンにでも機会あったら山頂まで行かずとも稜線沿いを少し散歩しましょうー。山頂~蛇ヶ岳の夏道はなかなかあくせくする場所が多いですが、3月に行くと印象が一変しますよ!

    >かいえさん

    いえいえ、条件選んで行っただけですので・・・。もっとすごい人が廻りにいっぱい。しかしやっぱり夜の山麓は素晴らしいなあと久々に未明に歩いて思いました。あの静寂感が何とも言えません。でらっくまさんがまた新たな偉業を成し遂げるのを楽しみにしていますね!しかし、まろななとは・・・。もういっそとめきちさんにしましょう(笑)

    >みんくさん

    そういえば去年もお会いしましたねえ。すれ違いは多いですがここ一番ではスライドするという!今回は最低限生き延びられるビバーク装備にしていたので軽さが奏功していたのかもしれません。着火用の木の皮、非常食、ツェルト、小さいプラショベル、GPS予備、ヘッデン予備、電池予備、充電器、コッヘル、バーナー、手袋予備3、靴下予備、ワカン紐予備、靴紐予備、カイロたくさん。でも結構あるかも!今回はラーメンもやめて小さめのサーモスだけにして、おにぎりサンドイッチを山頂ごとに短時間でもぐもぐタイム。空腹時間帯作らないように小分けに食べました。歩いてる途中はチョコをこまめに。ペースも急ぎすぎて足攣らないように、終始息が上がらない程度のスピードを維持。その日のうちに記事にするのは自分的にはマストです!鮮度が命!いや宿題にしたくないだけです。まろ◯◯をめぐる冒険は宿題です(笑)

  5. repertum より:

    一日で泉ヶ岳-船形山-定義周回ですか。凄いですね。
    所でkumapuuさんの同級生でラッセル定義ピストンした人って、クマはクマでもドM王の異名をとる某氏?
    彼の山行M度には度肝を抜かれたけど、自分の教えていた学生達の中に居たと知った時には更にビックリでした。
    そしてkumapuuさんの同級生とは、この世は広いようで狭いですね。

  6. くまぷー より:

    こんばんは。はい、あのドが5つぐらいつくような、ドM王の、かのクマさんであります。
    そしてまさかの母校の恩師であられましたか・・・。学生というからには大学なのかもしれませんが、
    高校の先生であられましたら、雨か嵐かといえば分かるあそこです。

    最近は大変素敵な応援団女子もおられるようで羨ましいです。
    https://www.youtube.com/watch?v=m6I5G_KY9rk

    もしこちらの先生でございましたら、先生方の指導のおかげか、過激な応援練習のおかげか
    いずれかによりましてもドMな人たちが育ったようです(笑)

  7. repertum より:

    今晩は、
    M化は高校の先生のお教えの賜物のようですね。
    私は至って普通の指導をしていたと思いますので。
    って、自覚がないだけ??

  8. くまぷー より:

    個性溢れる先生方ばかりだったと思います!
    ちなみに私は放課後の教室で粗相をしてノック先生に往復ビンタを食らったあほたれです(笑)
    今後共M化のご指導の程よろしくお願いいたします!?

コメントを残す