4

船形山の鳥居?

船形山山頂より日の出。水が引かれた田んぼがキラキラ輝く。(5月)


 

船形山のブナを守る会のブナ通信のお知らせに、「船形山山岳会」により鳥居再建との記載があった。新聞報道もされていたらしいが知らなかった。なんたってうちはあの朝日新聞だ。河北じゃないのだ。人生の転機が訪れた時は、河北にしてみたいと思う(謎) それはいいとして、1950年までということは、私が生まれた頃にはもう崩れていたようだ。どのへんなのかなあ、せっかくだから残ってる柱を見ておきたいものだ。

 

資材運びのお手伝い募集らしいので手伝ってこよーっと。

 

 

抜粋

鳥居は船形山の升沢コース中腹の標高約1200メートル地点にあり、鳥居から山頂をのぞく景観が名所の1つに数えられていたという。1950年ごろまでは存在が確認されていたが、老朽化で崩れたとみられ、現在は柱1本だけが残る。

 

計画では3月に現地調査に入り、4月に材料を運搬。5月に基礎工事を経て6月に建立、落成させる。

 

(船形山ブナ通信 2018年2月26日号)

 

資材運びお手伝い参加の方は、「船形山山岳会」に連絡すれば参加出来ると思います。

 

※大事なことが抜けていたので一部修正しました。ブナを守る会は協力と、ブナ通信での連絡でございまして、鳥居設置の実施は船形山山岳会です。資材運びのお手伝いの方は船形山山岳会に問い合わせれば参加可能です。

河北オンラインの記事の一番下に船形山山岳会事務局の連絡先があります。

 

 

4 件のコメントがあります。

  1. 船形山のブナを守る会世話人のチバです。(記事上のリンク先HP開設者)
    鳥居の再建について主体は「船形山岳会」で、ブナの会はあくまでも会として協力者の立場であり一般の参加者を募る立場にありません。「ブナ通信」は、ブナの会会員への協力呼びかけであります。
    協力をお申し出される方がいらっしゃれば、河北新報オンラインニュース http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180211_13019.html 
    で新聞記事を閲覧できますので、そちらを参照して頂き、当方へのご連絡は差し控えてくださるようお願いいたします。

    なお、本文中のリンクの件、事前連絡も頂いておりません。
    本ページ未確認であったならば、対応に苦慮するところでした。
    以後お気を付け頂けるようお願いしますよ~!くまぷーさん!

  2. こんにちは!

    大事なところが抜けていました。大変もうしわけございません。加筆しておきました。
    それと、リンクしたサイトはブナを守る会のサイトだと勘違いしておりました。
    重ね重ね申し訳ございません。

    以後気をつけます。

  3. 確か不動岩の入口のところに柱があったような記憶が???
    下手に防腐剤を塗ると、熊の遊びものになってしまい、瞬く間に倒されてしまう懸念があります。

  4. ありがとうございます。春になったら覗いてきます。
    防腐剤はどうも熊は気になるみたいですね。旗坂近くの木の柱もこれでもかというほどかじられてるもが結構・・・。

    山岳会の方々はそのあたり熟知しておられるとおもいますので、うまく設置して頂けると思いますけれど。
    1950年ですとさすがにSONEさんも鳥居から覗ける山頂は見たことがないですね!

    中Cさんに年齢詐称疑惑をかけられておられたようですが!(゚∀゚)

コメントを残す