8

攣る

美しき太白山


 

 

ときたま足が攣る(つる)。それにしてもめちゃめちゃ難しい漢字だ。書けと言われても書けないだろう。歩行中に攣ったことは今まで何度かあって全部ふくらはぎだ。太ももはない。そしていつも左足。垂直立ちしても右肩が下がっているようだし左に負担がかかっているのかもしれない。

 

これまで山行中に攣ったのは多分5回。

  • 鳥海山への途中、雪渓のトラバースが続いていたときに発生。しばらく休んで騙し騙しなんとか登ったが、翌日はひどい筋肉痛になった。この時は右足もやばそうだった。
  • 後白髪山雪庇へ向かってのラッセル。雪庇について急斜面を乗り越えるあたりで発生。お昼を取って休ませて下山時は何とも無し。水摂取500ml以内。
  • 花染山へのラッセル。攣ったってほどではないけど、来そうな気配がしたときに山頂。下りはまあなんとかなった。水摂取500ml以内。
  • 後白髪山崩壊地へのラッセル。水摂取500ml以内。
  • 泉ヶ岳南西尾根を降りたあと。急斜面の下りのときに怪しい兆候。そしてしばらくしてやはり来た。水摂取500ml以内。

 

この足の攣り、休みをとったりペースを落とせば何とかなるので山行中に発生すると捻挫ほど深刻ではないものの頻繁に発生すると困りものだ。ちなみに足の攣りが来る時は15分ぐらい前から兆候が出ている場合が多い。なんだかピシッピシッとふくらはぎに何かが走るのだ。昨日も南西尾根を降りてるときに一回ピシッ、20分ぐらいして案の定、攣った。

 

ちょろっとネットで検索してみるといろいろ書いてある。ミネラル不足、水分不足、過度な筋肉への負担らしい。山を始める前は体力ゼロの筋肉ゼロだったので、正直言ってまだ体は十分に出来ていないのかもしれない。それが主要因なら今後続けてれば改善されるだろうが、もっときついときにまったく発生してないところをみると筋肉ではないような気はする。食生活が原因の可能性もあるが、偏食しているわけでもないのでこれは無いと思いたいところだ。いつも寒い時だし、やっぱり水なんだろうか。鳥海山の時は筋肉負荷のような気はするが残りは水なのかもしれない。冬は水分摂取が極度に減るからな。山だと水は貴重なので、喉が乾かない限りどうしても摂取を少なくしてしまうようだ。加えて気温が低いことも影響があるようだ。行動食はやはりバナナがいいのだろうか。じわじわ水分も補給してくれることになるし。

 

改善されないと歩行中に心配が尽きないので困ったものだ。

 

8 件のコメントがあります。

  1. 足がつっても気にしないで歩き続けると そのうち治るので、そんなに心配しなくても大丈夫だと思います。
    雪山ラッセルがきついと、たいがい攣りますよね。気にしてても仕方ないです。

  2. そんなもんですか・・・。歩行中に攣る人をあまりお見受けしないので自分だけかと思っていました。まあでも山の体づくりはまだまだだとも思いますのでもう少し鍛えないとだめですね。

  3. こんにちは。私は就寝中に攣る派なので原因はちょっと違いますが、冬は結構隠れ脱水の季節ですね。寒くて血行不良もあるけどラッセルで汗かいたらもう少し電解質、水分とってもいいと思います。◯林製薬のコムレケアのHPはなかなか興味深い事書いてますね。私は顆粒漢方薬の芍薬甘草湯持ち歩いていますが、タブレットタイプもあるんですね〜。これならポケットに入れておけば水無しでものめますね。あ、なんだか製薬会社の回し者みたいですが違いますよ〜〜(^^) 登山前後の足の5本指マッサージも効くと自分的には信じています。

  4. 「すいません、うち、営業はお断りしてますんで」

    休んでれば直るのは直るのですが、先日の後白髪山崩壊地の時はヤマちゃんを残したまま一人進みつつ、沢筋にハマって急斜面を乗り越えようとする度に雪が崩れて上がれずピッキーん!あのときは、これちょっとやばいどうしよう!このまま崩壊地と一晩明かすか!と思ったものでした(笑)寝てる時は攣ったことも金縛りも経験がありません。それはきっと霊のしわざです!

    そういえばあの崩壊地は雪が着いた時は見ても仕方ないかなと思っていましたが、案外雪が付いてる時期のほうが見上げたらグレートな白壁が見上げられるんじゃないかと、再びむくむくと行きたい気持ちが湧いてきました。

  5. こんにちは。
    くまpさん、百獣の王でも足は攣るのですね。
    私は若い頃から頻繁に攣ります。それも太腿の内側、膝のすぐ上のところ。夏冬関係なし。
    夏のほうが厳しく来るので、私の場合、水分不足は間違いありません。行動中にほとんど水分補給の欲求がないのです。
    そして休憩して身体が冷えた後に来易い、ということもあります。
    やはり兆候は出ますね。10~15分前に。きたらばしばし休んで、良く患部を揉み、歩きだすとそのうちに普通に歩けるようになります。ただし片方に来ると必ずもう片方にも来ます。面倒ですがまあ何とか歩けます。
    一番ひどかったときは下山して、車を運転して帰ろうとすると、また攣って、アクセルもブレーキも踏めないなんてこともあります。
    芍薬甘草湯も持ち歩いていますが、来るときには来ますよ。

  6. おはようございます。いえいえ、私なんぞ、食べたらぐーたら寝る、しがない牛でございます。あ、それに丑年です。日曜も食っちゃ昼寝してたら、胆嚢が夜に痛くなりました。夜中にもーもー鳴いてました。百獣の王と言えば、パワフルなSONEさんはつることはあるんでしょうかね。近々お会いするのでお聞きしてみようっと。

    みなさん足のつりはよくあるのですね。参考になります。ありがとうございます。日帰りは何とかなるでしょうけど、心配なのは小屋泊ですねえ。初日に発生すると翌日が心配。今年は朝日の以東側か飯豊に行きたいな。

  7. 私も結構攣りますよ。
    山スキーで悪雪滑りをしている時が頻度が高いです。
    今まで最高に攣りまくったのは山形の戸平山に登った時です。
    http://blog.livedoor.jp/yamasone/archives/1043012664.html
    ほぼ全行程猛烈な藪漕ぎで、下山時は両足攣った状態でかなりな距離を歩きました。
    自力で下山しないと遭難するので、痛みはひたすら我慢して行動したのですが、尿管結石の激痛に比べれば大したことないです。

  8. コメントありがとうございます。どうもSONE夫妻の話を総合しますと、つるぐらい気にすんな!ってことですね(笑)

    単発でつるときはいいんですけど、変な体勢でもないのにしばらく連続するときがあるんですよね。つってるというより痙攣が続いてるみたいな。筋力不足もあるのかな!

    ところでリンクの記事を見たら早くキノコ狩りしたくなりました。たんまりとったナメコは先日、遂に冷凍庫のストックがなくなりました。夏キノコの季節になったら勉強させてください(^o^)/

コメントを残す