5

黒鼻山・泉ヶ岳南西尾根

山男かっこいい!


5人パーティでお誕生会黒鼻山!しかしお誕生日のうめさんとモンキーさんは都合があって今日は来れなかった。ならばエアー誕生会だ!ケーキにローソクに火をつけてハッピバースデーしていたら山の神様がふーっ!消してくれました。今週は黒鼻山南ルートにて、逆回りしようかと思っていましたが、天気も悪くなりそうだし、イマイチ気乗りしないでいたらお誘いが。これ幸いと参加してきました。朝、晴れ、午後から雪と風。なかなか良い感じの冬景色が見られて満足満足。欲を言うならば地吹雪が唸りをあげるぐらいにもうちょっと荒れて欲しかった。

 

 

 


黒鼻山山頂ではminkさん達と一緒になった。本日はピッケル講習だそうです。minkさん、何やらいろいろと訓練でスキルアップを積んでいるようです。きっと冬期鳥海山か大朝日でも狙っているのだろう!

 

 

 

 


南西尾根を通って帰りました。泉ヶ岳は冬も春も夏も秋も、気軽に楽しめるいい山です。

 

 

 

 


関口でささっと脱いでもって歩いた。

TUBBSのスノーシューですが装着30秒以内、脱着20秒以内の性能は実に使いやすい。南西尾根の下りでツボ足が楽そうだと、脱いで、降りたら装着。トレース硬いので、関口でもう脱いじゃおうと脱着。アイゼンやワカンやシューって、めんどくさいので装着脱着する気にならないものですが、そうならずに脱着してしまえるってところがやはり楽さからくるのだろう。この装着脱着の楽さは何物にも代えがたいかもしれない。しかも安い。

 

 

 

 


岳山珈琲

 

 

 

エトセトラ

 

 

 

 

 

 

5 件のコメントがあります。

  1. 会えそうで会えない、3流ドラマのように蔵王でも近距離スライドでしたが、今回は登山口と山頂で2度もお会いできましたね。 ヽ(^。^)ノ
    カッコいい山男さんもご紹介頂いて、嬉しい限り。
    持つべきは、顔の広い友人ですね。(あれっ?勝手に友人にした?)
    黒鼻の後、南西尾根も歩かれたんですね、なんとも健脚な方々です。
    冬期鳥海山か大朝日・・そんな畏れ多いことは夢にも思っていませんよー。(;・∀・)(?あせ、あせっ)
    クマプーさんが、さらっと登るような山も私にとっては、遠い目標、今回はピッケルの基本中の基本を教えて頂きました。
    雪山は奥が深い・・・入口から、そっとその奥を覗いて、どこまで行けるかなという感じ。
    では、また、何処かでお会いできるの楽しみにしてます。 mink (*^^)v

  2. こんばんは!

    いやいやいやいや。とかいいつつ、今年もさらなる山行を積み重ねられることでしょう!今度こそ朝陽が見られそうなときに小屋泊ができるといいですねえ。山って斜光のときの稜線の光景が素晴らしく美しいと思っているのですが、こればかりは小屋泊しないとなかなか見られないですね。船形ですと田んぼに水が引かれる季節の朝がとてもよかったです。日の出ともに遠くに広がる水田が、一面、黄金に輝きます。今年は3/23、24がそこそこの天気なら山頂泊して、薬師森までの稜線を朝に歩いてこようかなあと思っていますが、最近気合が足りないので流れそうな気もします(笑)

    そういえば右又沢の下りは、泉ヶ岳南西尾根からのあそこの下りに雰囲気は似ています。あれを降りてるのですから大丈夫だと思いますが、問題は雪質だけですね。ぐずぐずとカチカチだとおっかないです。ちなみに、あそこだと雪質にもよりますが、土木工事もしやすいので個人的にはワカン一択ですね!

  3. お疲れ様でした。
    思った以上に早めに風雪になりましたが、面白い周回になりました。
    美味しいコーヒーご馳走様でした。
    今度は青空の下を歩きましょう(笑)

  4. コーヒーごちそう様でした!とても美味しかったです。
    雪山初心者なので色々勉強になりました。
    またご一緒できれば嬉しいです。お世話様でした!

  5. >morinoさん

    お疲れ様でした!三叉路までの登りが冬の山歩いてる感があって楽しかったです。荒れると足が遠のきがちですけどいざいってしまうと楽しめるのが不思議。花染山は山頂から上の尾根を明るい日差しの中であるきたいので天気がよくなるといいですねえ。

    >ツキダテさん

    また機会がありましたらご一緒しましょう!最後に下った南西尾根は天気が良いときだと、見上げると泉ヶ岳、見下ろすと仙台市街と蔵王まで見渡せて、楽しく下れますので、またの機会にいってみてください~。土曜日は逆から登っていって、登りを減らして藪っぽいとこを南西尾根に向けて上がっていったのでちょっとわかりにくいですけれど、いったん泉ヶ岳山頂に上がって、北泉に向かうルートを降りていくと左手に南西尾根が見えますので分かりやすいです。

コメントを残す