2

黒森(宮床高山側より)

斜光の樹の陰は絵になるが、それだけではつまらない。プラス2つぐらいあるといいのだけどなかなか出会えない。地吹雪、動物、足跡、etc・・・。


 

宮床高山側より黒森へ。高山はちどり荘のある、あのあたりの一本北の道路です。

 

 

高山から黒森
予定では高山の方から蘭山を左手にみながら尾根にあがってのルート。気になっていたスプリング・バレースキー場からみえるポコポコポコに行ってみたかったのだ。そこから尾根を辿りつつ黒森へいく予定。だったのだが、途中ポコポコを遠景でみると雪の付き具合が微妙。これでこの斜度は無理ー!と判断して林道を詰めていくことにした。本日は雪の具合とルートを勘案してワカン選択。

 

 

 

 


スプリング・バレースキー場より紅葉時期のポコポコをみる。

 

 

 

 

 


林道途中、見晴らしポイントがあった。笹倉山(中央奥)と三陸の海(左上)まで見えて感激した。SONEさんたちは天気の感じからして今日は多分あのへんか内陸海寄りじゃないかなーと予想して盛り上がる。今日はどこいってるんだろーと、SONEさんの行く先は結構話題になるのだ(笑)

 

 

 

途中、高倉山が聳える。ここから見ると雄大だ。距離はそうでもないのだけれど。オプションで快調なら高倉山もいれていたのだけれど、、こう見てしまうと登る気が起きなくなってしまった。

 

 

 

 

 



今日はGPVの雲量予測通りになった。西風やや冬型、脊梁山脈を超える雪雲は、めずらしく泉ヶ岳を乗り超えたり、引っ込んだりを午後過ぎまで繰り返す模様。その通りの晴れたり、曇ったり、雪が降ったり、でした。夕方は暴風吹雪。

 

 

 

 

 


よさげなブナ倒木を見つけるとすかさず地図に印。来秋のナメコのためです!

 

 

 

 


途中、膝が少し痛くなったりしながらも、なんとか黒森に到着。満足してピストンで帰りました。ポコポコポコのルートはなかなか難しそうだ。雪の量や状態の条件が限られる。いけるチャンスは少なそうだ。ところで黒森山頂付近から、去年チバさんが痩せ尾根を詰めて旗坂から北泉ヶ岳まで向かったであろうところが見えていた。あれかー・・・と。

 

黒森まわりはブナ原生林が広がり、スノートレッキングにとてもよいところだと思いました。満足満足!

 

 

 

 

エトセトラ

林道を詰めてますがルート選択が必要な箇所がいくつかありました。迷いはしないと思いますが、地理院地図の記載とあっていない林道、橋がかかっていない部分もあったりするので状況に応じてルートは選んだほうがよさそうです。地図にない作業道も多いです。そこまで雪が多く降らないところなので、斜面からの落雪もなく、林道自体は平らに積雪しています。

 

 

 

民家のすぐ先で道路が崩落していた。もっと奥からスタートの予定だったが民家そばに車は停めてスタート。その先は轍が残っているぐらいだったので崩壊したばかりなのかもしれないが不明。

 

 

 


往復10kmちょいです。

 

 

 

p.s.

末や来月になると雪の状態が日によってゆるんだりカチカチになったり、変化が多くなって麓の方があまりよろしくないので、来週、再来週あたりの天気の良い日で花染山を検討中です。ということでみく姉さん、タイミングあえばいきましょー。

 

 

2 件のコメントがあります。

  1. ワカンで10kmの新雪ラッセルですか。あの辺りだと膝上まで沈むでしょうから、ラッセル大変そうですね。
    ポコポコピークの尾根への直登は濃い灌木の藪と踏んだ端から崩れてくる雪の急斜面で蟻地獄状態ですが,一端稜線に上がると藪も大したことがありません。一般登山道を歩くのと同じようなペースで歩けると思います。広々とした開放的な尾根道です。
    そして樹種は不明ながら茸の生えそうな倒木も多数ありますよ、と誘惑してみる。

  2. おはようございます。月曜は降りましたが日曜は固くてツボ足でもギリ行けそうな感じでした。

    あそこいかれてるんですねえ。いいなあ。尾根は見るからによさそうですしね。また来シーズン辺りで行ってみようと思います!

コメントを残す