2

蘭山

雪庇尾根気持ちイイ! ・・・が、小森山~南西尾根~蘭山まではクラストがひどく厳しいラッセルで苦労した。


 

泉ヶ岳前衛の蘭山(あららぎ山)。南西尾根~ 蘭山~北峰~西尾根(といっていいのかな?)で周回の予定。12月いっぱい、すっかりさぼってしまって、くうねるあそばないで過ごしていてすっかりふやけてしまった。げってぃんぐふぁっとが心配な二名でダイエットも兼ねて(笑)、今年の登り始めは渋いところで蘭山となりました。いやーきつかった・・・。

 

実は強風で楽しそうなので後白髪山の雪庇も検討してたのですが、GPVみると県境は北西の風で雲。こういう日は雪雲かかるのでなるべく東がよい日です。雲は後白髪山あたりまでで、泉ヶ岳はピーカンになりやすい日。いつも思うけど泉ヶ岳はほんとにいいとこに位置してくれている。雪もそこそこ天気は良い日が多い。スノーハイクにはこれ以上無い位置取りをしてくれている山だ。

 

 

蘭山は少し特徴的な山容で見る角度から大きく姿が変わります。南から。 誤)大倉山ではなかった。なんだろう。黒森の近く。

 

 

 

 

北東の方からみると四角い。

 

 

 

 

西(スプリング・バレー)から。スプリング・バレーからもよく見える。●は予定ルート。以前より冬になったらこの白い尾根を歩きたかったのですが、小森山へ上がるまでの取り付きが結構な斜度があって不安。メジャー(?)な南東か南尾根から行ってみようかと思いましたが、SONEさんに聞いてみた所、マロさんが何度が登ってるということを教えてもらい、じゃあいってみるかということで前日に予定を変更して決行。

 

 

 

スタート地点の橋の所まで車で入れました。ラッキー!と思ってたのも束の間。この先、小森山までは急斜面、岩肌たくさん、雪少なし、でかなりしんどい登りとなった。

 

 

 

 

小森山までの急登は、雪も少なく、烈風の地吹雪、そして泉ヶ岳表コースのような岩肌が多い斜面で緊張しながらゆっくり登る。

 

 

 

 

小森山の先、雪は期待通り十分あったのですが、めちゃめちゃきつかった。場所的なものでしょうけど、表面がウィンドクラストかサンクラストか。両方かもしれませんが、表面ガチガチ、でも踏むと中は柔らか。ワカンで膝ぐらいのラッセルなんですが、片足乗せて体重かけただけじゃ沈んでくれない。下に力かけて押し込まないと踏み込めない状況。これが堪える。一方、急斜度のところは、固くて手では雪を崩せず、膝で押し込んでなんとか。えらいきつかった。本日の小森山~蘭山区間は、3月の升沢小屋~船形山山頂のラッセルよりきつかった(笑)

 

 

 

 

ですが、尾根自体はとても気持ちいい!後方は泉ヶ岳北泉ヶ岳。歩行はめちゃめちゃ遅いです。足乗せて、体重かけて、さらに力入れて押し込んでやっと一歩。ぜんぜん進まない。

 

 

 

 

なんとか着いたけどね!9時スタートで、尾根でもうへばってしまって、お昼を素早く食べて再スタートしたものの山頂は12時半。1kmぐらいしかないのに。時速300mもいってない。厳しかった。看板は蘭山通(つう)のマロさん作だろうか?

 

 

 

 

ロープももっててたのですが、西の尾根の下りがまた岩岩だと急斜面が心配なのと時間と体力的に北峰は中止。ということで予定変更で南東尾根方面~南尾根で下山、周回しました。こっちは雪の具合は良く、快適スノーハイクを楽しめた。初めての場合、こちらがオススメかもしれません。とても気持ちいい。

 

 

エトセトラ

 

おみやげ。乾燥ムキタケ。ナラ枯れは結構きていました。立ち枯れしてるのがかなりあった。

 

 

 

 

ピーターラビットがお昼寝してた巣。寝てたのかしらんが数mぐらい近づいた時にようやくダッシュで走っていった。今日、2匹兎みましたけど、冬は白ばかりと思ってたら茶色の兎もいるんですねえ。

 

 

 

それでは改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

蘭山記事、レコ

あまり記録が見当たらないのですが、そこそこ来てる人はいるようです。数年前見たブログ記事が何かみあたらなかったなあ。チバさんのブログでもみつからず。まあチバさんは難易度高いルートが多いので私には無理(笑) ちなみに今日は登山者ゼロでした。ご参考までにいくつか見つけたもの。何度か来ているという南西尾根のマロさんの(マロページⅠ?)は結局見つからんかった!

 

東北の山遊び(SONEさん) 2015.1.21 蘭山(宮城・船形連峰)

http://blog.livedoor.jp/yamasone/archives/1018183112.html

 

マロのページ(マロさん) 2011年4月29日(金)

http://maro407080.exblog.jp/12494370/

 

ヤマレコ 2013年02月10日(日)

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-267582.html

 

まったりアウトドア(TOMさん) 2013.02.10

http://singletrack.blog24.fc2.com/blog-entry-168.html

 

※全て南尾根か南東尾根。北西、北東、南西尾根はみつからず。

2 件のコメントがあります。

  1. よく橋のところまで車で行けましたね。
    1年前は光明の滝の少し上で通行止めのバリケードが置かれていました。
    このところ晴れ間が続いていたためにウインドクラストが酷かったようですね。
    あのラッセルは疲れますし、スキーの時には太刀打ちできません。

  2. なんだか下山したときには、車高上げた改造ジムニーの集団がおりましてあの橋のところの下にあるコンクリの渡しを車で通過したりそこから路肩まで走ってきたりして遊んでました。おかげで(?)道路は割りかししっかりと固まっていて、轍もひどくなく、朝来た時はオデッセイも橋まで通過できるような感じでした。何しに来たのかは分かりませんが・・・。現在、道路(林道)の雪自体はそこまで多くないようです。ちなみに帰りはちどり荘まで直行できました!

    しかしあれは深いラッセルよりきついですね・・・。予定通り肉を落としてきましたが、ホイ麺でやや戻りました(笑)

コメントを残す