0

おかえり

修理終わった。今日、ヨドバシに取りに行ってきた。

 

修理内容

  • 液晶に青い線が入る
    • 液晶回路部交換
  • ファインダー内にゴミ
    • 清掃、部品(ファインダーグラス)交換
  • AFがたまに動作しない
    • 部品交換
  • 黒いシミが映り込む
    • センサーの汚れ除去
  • シャッターボタンの戻りが悪い
    • 部品交換
  • レンズに傷
    • レンズ一枚交換

 

修理費用 34,883

 

 

意外と安かった。これならおかしいときたまに点検にだしてもいいかもしれない。小さい傷がついたレンズを1枚とファインダーグラスを保証内で交換してくれたのは驚きの良心的対応。もうヨドバシ安心保証は使えない。大事に使おう!

 

 

 

おつかれさま。

 

Pentaxの入院中、2ヶ月以上がんばってくれたα100である。2006年発売、およそ10年前のもの。古すぎて中古では売ってないが、これよりもっといい一眼レフでも一万円もしない。レンズ付け替える手間を考えると軽い一眼レフをサブで持つのはありかもしれない。本当は、軽いサブならミラーレスが理想ではあるが、あのデジタル映像の電子ファインダーは好きになれないようだ。あの映像で構図を探っていると何故か気合が入らない。

 

ちなみに画素数は今となってはスマホより画素が少ない1080万画素。高感度も駄目。オートフォーカスもなかなか合わない。しかしA3ノビ印刷してみても特に気にならない。高感度は我慢、AFも我慢。液晶ディスプレイはすごく荒く色もおかしいので、撮った写真の液晶画面での確認は難しい。この辺を我慢すれば、こんな昔の一眼レフでも十分使えるようだ。写真はやっぱり、被写体と構図と心!なのかな。どういう写真が撮りたいのかよく分からなくなっているので、今はフラットな気分で山遊び、森遊びしながらカメラを構えている。

 

 

コメントを残す