0

Pentax K-3II (秋色のカメラの設定、色相、彩度)

ナチュラルモードは全体的に色が落ちます。鮮やかモードは、そのまま使うとスマホみたいな鮮やかすぎる写真になります。ネイチャー写真だとナチュラルがベター、かつ、色を落とす。紅葉とか特徴的な色を強調したい場合は、鮮やかモードも良し。ただし色を落とさないとケバくなる。特にこうしなきゃいけないという決まりはないので、目的と好みに応じて好きに決めよう!

 

私は、森の中で写真撮る時は、写真倶楽部で先生に教わったままがほとんど。基本的には、木々の緑も、青い空も、少し色が落ちた写真の方が好きです。特に夕焼け写真や空が映る写真なんかは、作品とか考えないで思い出を残したいので、出来る限り同じ色で残したい思いが強いです。

 

被写体や構図というか写真によって、モード、色相と彩度、色温度含めて若干変えています。風景スナップの時は、鮮やかモードで色ガン落としの設定が多い。スナップじゃないなら、いちばん大事なのは露出。Photographは写真ではない。光(photo)を描く(graph)。だと思います。光を描いて美しい写真を撮れれば色はむしろじゃま。多少の彩りがあればいい。マクロ写真でろくに良い写真も残らずにいたのも今は何となく分かる。ボケやマクロっぽい写真らしい写真を撮ってもそれっきり。マクロであるなら、それでこそ構図や被写体や光のどれかにこだわるべき。なんてこともやっとわかった。要するに機材はあまりこだわらなくて大丈夫だなーと。むかーしの古い機材でも今も語り継がれる名写真なんてのはいくらでもありますしね。写真は、被写体、構図、光(影)。これでほとんどだと思います。白黒写真がまだ人気のジャンルの欧米では写真の捉え方がやはりphotographなのかもしれない。あとで色を調整したところで、構図と被写体と光は変わらない。良い写真を残したければ、構図と被写体と露出。ここに現地で時間をかける。・・・と、まだ、写真とカメラはやっと2年目なので分かってないことも多いですけれど。撮りたい写真はレンブラントの絵のような光と影が美しい写真!

 

 

ボディやレンズによっても若干変わってきます。でもまあ一度決めてしまえば撮ったのをみて微調整で、ボディやレンズの違いには対応できるでしょう。また、ニコン、キャノンも似たような設定はもちろんあります。それともちろんRAW撮りで、ボディ現像なり、写真管理ソフトで色調整は可能です。Adobe LightRoomあたりが使いやすいと思います。私の場合は、あと調整を前提にすると、(トリミングやりだすと特に構図が)撮る時がいい加減になってしまうのと、色調整してるとどうしても良くしたい心理が働いたり、いじってるうちに元の色が分からなくなってしまうこと、家で写真に時間かけるのが嫌、と入った理由で後調整はやめています。JPG撮って出しを厳命されているのもあります。スナップ写真でおかしくなった時や、開き直り写真の時は調整します。

 

 

 

スマホ写真


スマホだとこんな感じです。写真の解像度はある程度おちますが、それはいいとして色は結構見た色と違って映る。スマホは基本的に鮮やかに撮るように設定が出来ています。空は空色より若干青くなり、霞む山並みも青みが強くなる。緑は樹々の緑より鮮やかな緑になり、赤や黄は、赤によってればより赤に、黄によってればより黄色に若干傾きます。スマホのカメラの弱点はとにかくズームが効かないこと。デジタル処理してるだけなので、拡大すると途端に荒くなる。あと、バッテリー問題と、絞り調整が効かないこと。といっても、こだわらなければスナップ写真としては十分。コンパクトさと軽さは正義。

 

 

Naturalモード

コントラスト+1 ファインシャープネス+1

JPG撮って出し、三脚あり

 

 


色相-4 彩度-4

 

色相-4 彩度-3

 

色相-4 彩度-2

 

色相-4 彩度-1

 

色相-4 彩度0

 

色相-4 彩度+1

 

色相-4 彩度+2

 

色相-4 彩度+3

 

色相-4 彩度+4

 

色相-3 彩度―4

 

色相-3 彩度―3

 

色相-3 彩度―2

 

色相-3 彩度―1

 

色相-3 彩度0

 

色相-3 彩度+1

 

色相-3 彩度+2

 

色相-3 彩度+3

 

色相-3 彩度+4

 

色相-2 彩度―4

 

色相-2 彩度―3

 

色相-2 彩度―2

 

色相-2 彩度―1

 

色相-2 彩度0

 

色相-2 彩度+1

 

色相-2 彩度+2

 

色相-2 彩度+3

 

色相-2 彩度+4

 

色相-1 彩度―4

 

色相-1 彩度―3

 

色相-1 彩度―2

 

色相-1 彩度―1

 

色相-1 彩度0

 

色相-1 彩度+1

 

色相-1 彩度+2

 

色相-1 彩度+3

 

色相-1 彩度+4

 

色相0 彩度―4

 

色相0 彩度―3

 

色相0 彩度―2

 

色相0 彩度―1

 

色相0 彩度0

 

色相0 彩度+1

 

色相0 彩度+2

 

色相0 彩度+3

 

色相0 彩度+4

 

色相+1 彩度―4

 

色相+1 彩度―3

 

色相+1 彩度―2

 

色相+1 彩度―1

 

色相+1 彩度0

 

色相+1 彩度+1

 

色相+1 彩度+2

 

色相+1 彩度+3

 

色相+1 彩度+4

 

色相+2 彩度-4

 

色相+2 彩度-3

 

色相+2 彩度-2

 

色相+2 彩度-1

 

色相+2 彩度0

 

色相+2 彩度+1

 

色相+2 彩度+2

 

色相+2 彩度+3

 

色相+2 彩度+4

 

色相+3 彩度-4

 

色相+3 彩度-3

 

色相+3 彩度-2

 

色相+3 彩度-1

 

色相+3 彩度0

 

色相+3 彩度+1

 

色相+3 彩度+2

 

色相+3 彩度+3

 

色相+3 彩度+4

 

色相+4 彩度-4

 

色相+4 彩度-3

 

色相+4 彩度-2

 

色相+4 彩度-1

 

色相+4 彩度0

 

色相+4 彩度+1

 

色相+4 彩度+2

 

色相+4 彩度+3

 

色相+4 彩度+4

 

 

鮮やかモード

コントラスト+1 ファインシャープネス+1

JPG撮って出し、三脚あり

 

 


色相-4 彩度―4

 

色相-4 彩度―3

 

色相-4 彩度―2

 

色相-4 彩度―1

 

色相-4 彩度0

 

色相-4 彩度+1

 

色相-4 彩度+2

 

色相-4 彩度+3

 

色相-4 彩度+4

 

色相-3 彩度―4

 

色相-3 彩度―3

 

色相-3 彩度―2

 

色相-3 彩度―1

 

色相-3 彩度0

 

色相-3 彩度+1

 

色相-3 彩度+2

 

色相-3 彩度+3

 

色相-3 彩度+4

 

色相-2 彩度-4

 

色相-2 彩度-3

 

色相-2 彩度-2

 

色相-2 彩度-1

 

色相-2 彩度0

 

色相-2 彩度+1

 

色相-2 彩度+2

 

色相-2 彩度+3

 

色相-2 彩度+4

 

色相-1 彩度―4

 

色相-1 彩度―3

 

色相-1 彩度―2

 

色相-1 彩度―1

 

色相-1 彩度0

 

色相-1 彩度+1

 

色相-1 彩度+2

 

色相-1 彩度+3

 

色相-1 彩度+4

 

色相0 彩度―4

 

色相0 彩度―3

 

色相0 彩度―2

 

色相0 彩度―1

 

色相0 彩度0

 

色相0 彩度+1

 

色相0 彩度+2

 

色相0 彩度+3

 

色相0 彩度+4

 

色相+1 彩度―4

 

色相+1 彩度―3

 

色相+1 彩度―2

 

色相+1 彩度―1

 

色相+1 彩度0

 

色相+1 彩度+1

 

色相+1 彩度+2

 

色相+1 彩度+3

 

色相+1 彩度+4

 

色相+2 彩度―4

 

色相+2 彩度―3

 

色相+2 彩度―2

 

色相+2 彩度―1

 

色相+2 彩度0

 

色相+2 彩度+1

 

色相+2 彩度+2

 

色相+2 彩度+3

 

色相+2 彩度+4

 

色相+3 彩度―4

 

色相+3 彩度―3

 

色相+3 彩度―2

 

色相+3 彩度―1

 

色相+3 彩度0

 

色相+3 彩度+1

 

色相+3 彩度+2

 

色相+3 彩度+3

 

色相+3 彩度+4

 

色相+4 彩度-4

 

色相+4 彩度-3

 

色相+4 彩度-2

 

色相+4 彩度-1

 

色相+4 彩度0

 

色相+4 彩度+1

 

色相+4 彩度+2

 

色相+4 彩度+3

 

色相+4 彩度+4

 

コメントを残す