0

おつかれさまでした。

2015年11月末に人生初めて買った登山靴でした。靴紐を通す輪っかも2箇所切れてしっかり縛れない。ソールもあちこち剥がれはじめている。水たまりに入れば速やかに浸水。ゴアテックスももはや機能していない。漏れテックス状態である。もとは鮮やかな黄色味のストライプのデザインですが、その面影ももはや無い。

 

思い返せばメタボな体と、あまりの体力の無さと、健康診断のやばさに一念発起(?)して始めた山。登山なんてまったくの門外漢。まずは体力づくりと、山歩きはどんなものか知るために、この靴履いて最初に登ったのは笹倉山。子供の頃から登下校中によく見えていた目立つ山で、山の形が好きだった。コースタイム的には1時間ちょっと程度で登れる里山ですが、80kgを超える重い体を引きずりながらかかった時間は何と2時間半越え。姥坂は30歩ぐらい歩いては休憩を繰り返し、ドン亀よりひどい足取り。ほとんど空身なのに!私の印象の中では笹倉山は今でも大変きつい山です(笑)

 

それからは、あっちこっちへと里山通い。体力づくりと、登山の知識、地図の使い方、GPSの使い方、山行計画、山飯、行動食、パッキング、装備等々いろんなことを学ぶ。今思うと里山から始めたのが逆によかった。結構いろんなことを経験できた。1,2ヶ月が過ぎていき、年明けぐらいから、ふつふつ湧き上がってきたのは、自分の住む街の背後にどんと控える船形連峰の主峰、船形山。目指すは、残雪期の船形山、かつ、後白髪山コースからのテント装備での船形山一泊行、夕陽とご来光を必ず見たい!

 

2月末ぐらいになり、小学生登山以来の35年ぶりぐらいとなる泉ヶ岳。スノーシュー用意してラッセルナイトハイク。日の出を見に行くが、初めてのラッセルに大幅に時間オーバーして失敗。翌週は無事山頂ご来光を拝めた。4月には下見を何回かしながら、残雪期の後白髪山を定義登山口から登頂。山を始めてまだ半年も経ってておらず、体力もなかったので、ほんとにきつかった。今までの登山の中でも未だに一番きつい山行だ。枝藪&踏み抜き&トラバース、夏路がどこかも分からずルートを探りながら心折れそうになりながら登った。5月になり、後白髪山コースからの念願の船形山初登頂、夕陽と朝陽と暴風が最高だった。

 

それからそろそろ2年。この靴履いてどれだけ山や森に入ったんだろうなあ。最近は長靴が多いですけれど。長靴はコメリだよ!コメリ謹製のオリジナル長靴!かっこいいし!2980円!ということはさておき、もうそろそろ2年、山や森におよそ250回あまり。半分ぐらい船形山と山麓のようだ。

 

昨晩、履き納めとばかりに、飲み会のあと、北仙台駅から大観音まで7km、これを履いて歩いて帰った。90分。随分歩けるようになったもんだ。街歩きの7kmは軽い運動になってしまった。おかげさまで、適度な運動じゃもはや痩せない。ショック。

 

船形山20
泉ヶ岳・北泉ヶ岳7
後白髪山3
船形山麓森歩き100

 

宮城いろいろ
山形14
秋田8
岩手3
福島3
栃木1
青森1
茨城1
新潟1

 

 

 


同じ靴をまた買った!色はモデルチェンジしたようだ。スカルパにも惹かれましたが、モンベルのこれは足に合うのはわかってるし、専用の別に買った靴底ももったいないし、スカルパ高いし、まあいいやと。長靴の機会が多いので今度は3年はゆうにもってくれるだろう。

 

コメントを残す