栗駒山

 

Morinoさんに紅葉の栗駒山へのお誘いをいただきまして、初対面となるSONEさん達と、秋の紅葉、錦絨毯広がる栗駒山に連れて行っていただきました。栗駒の紅葉といえば、秋になれば話題の山です。栗駒の紅葉は日本一!なんていうこともチラホラ聞くほどです。反面、物凄い交通渋滞と、物凄い人の波、なんてのも同時に聞くことが多く、どうも敬遠しがちで、いつになっても栗駒に行くことはありませんでした。ところで、SONEさんといえば、山と高原地図の調査、作成を始め、宮城県の山の執筆、山と渓谷への記事掲載など、東北の山で多方面にご活躍されている方です。全てお任せしておけば大丈夫!とばかりに安心して栗駒の紅葉時期の山行と相成りました。SONEさんの天気判断で、最初は山と高原地図の調査で遊歩道周りを2時間近くかけて済ませている間に見事好転。まさに今日しかない!というベストなタイミングでの錦絨毯の紅葉を堪能でした。人混みを心配しましたが、時間帯とコース選定がよかったのでしょうか。全然気になりませんでした。お昼後はスライドする人もほとんどいないぐらい。さすがですね!山行詳細は後日掲載されるSONEさんのブログ記事をご参照下さい。

 

 

 

 


実は・・・高校での団体登山以来となる30年近くぶりとなる栗駒山でした。あらためてアルバムの文章を読んでみると、一泊、雷雨・・・。見事に記憶がありません。一泊したのをおぼろげに・・・、山頂で凱歌を皆で歌ったのもおぼろげに・・・。あとはまーったく覚えていない。雷雨の記憶もない!写真を残すって大事ですねー!

 

 

 

 

写真ペタペタ

ほぼ時系列順ですが、最初に遊歩道2箇所、とはいってもアップダウンもそこそこあり2時間近く歩きましたが。その後、栗駒縦走となりました。遊歩道は調査ともあって着いていくのみでしたが、お任せしていればいいとは思うものの、どこをどう歩いているのか分からず、あかん、このままではあかん!連れられ登山はあかん!と反省し(笑)、栗駒登山開始後は、あとで叱られるかなーと思いつつも、一人、せっせっせっせとなるべく先頭を行き、現在位置の確認周りの山や地形の確認しつつ、写真を撮る時間を確保、駆けるように登った。山はですね、やっぱりいろいろ自分で分かっていないと不安なんです。無鉄砲なことをよくやってる私ですが意外と心根は臆病で慎重なんです(笑)

 

 

 

シラタマノキ湿原


左にあるの全てシラタマノキです。群生ってもんじゃない。大大群生。

 

 

 


手撮り0.5秒!の割に大したことなかった(笑)

 

 

 



これ食べられるらしいですよ!うまー!?

 

 

 


穴場のシラタマノキ湿原、今が旬です。

 

 

 

栗駒登山

まさに錦絨毯、橙と赤と黄がほとばしる素晴らしい紅葉。息を飲むほどの美しさ。撮りに撮ったり820枚。選別しても72枚残った。

 


秋ですね~。

 

 

 


錦の絨毯ここにありでした。

 

 

 


左にいるのはよねいじーさん!奇遇にもスライド!

 

 

 

 

 

 

 

エトセトラ


ブナシメジ。明日は鍋だ。

 

 

 


シラタマノキ湿原