0

南まるまっぽ

南丸松保沢。氾濫原の北西あたりにある沢。その北にあるのは北丸松保沢。

写真倶楽部。

 

 


いつものごとく、一人ふらふらと、なんとなく遡上しはじめたら止まらなくなり、マハナスの滝でゴール。少し高巻いて上にあがろうとしてみたが、集合時間に遅れそうになりそうだったので撤退。マハナスの滝。太古の昔、若い男女が滝の上で大粒の涙を流してできたと言われる伝説。幻の滝。いや、よく知りませんけれども。

 

 


南丸松保沢は升沢林道から少しだけは水流れているのですが、滝のあたりまではずっと涸れ沢でした。滝のあるあたりから数十mぐらいで地下に潜って流れてるんだとか。滝までなら高巻きするところもなくすいすい遡上できます。

 

 

 


標高的には一ヶ月も前に咲いているはずのシラネアオイが小規模に群生していた。沢すじは涼しいからなんでしょうね。

 

 

 

写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す