猛烈な嵐で、中腰で構えていたのに転がった。

 

実は、3月の船形山の未明のラッセル以来、何かが燃え尽きたのか、一向に山頂に行きたい気分が盛り上がらない。そのまま6月となっていた。あの時は絶対登りたい的な意気込みもなく、淡々と終わった気がしていたのですが・・・あれ以来ヤマちゃんからは、「あれは偉業ですよ偉業!」とまで言われる始末。「いや、単に初めてだからあの時期の山頂みたかっただけですよ、夜中起きてしまったし、朝まで寒い中、小屋で待つのがいやだったし。」とは言っていたのだが、どうも何とも言えない強烈な刺激が心を蝕んでいたようだ。小荒沢林道も開通したことだし、そのうち天気の良い日にでも登ろうかなあと思っていた土曜日。翌日の山頂の天気をGPVで見てると、記録的な低温(4~5度)、暴風、雨。嵐だ!春の嵐が来る!もしかしたら雪降るかも!あれだけ萎えていた山頂登山の意欲が復活した(笑)

昨日取った、ウスヒラタケとネマガリタケをたくさんもって、キムチ鍋の用意をして、コーヒーキットも全部持って、久々にくまぷー被っていざ出発!ひさびさのザック10kg越え!

途中、小野田コース分岐あたりの中腹にて、たんまりとコシアブラをとってきた70歳ぐらいのおじいさんとスライド。「これから上がるんですか?上は嵐ですぞ~」「嵐だから来ました!」「やっぱりねえ(ニコニコ)」 慣れた感じの人だ。船形山の馴染みの人なんだろうか。しかしなぜやっぱりなのか(笑)

 

山頂

 

雨が顔にあたるだけでものすごい痛い。風速いったい何mだったのだろうか。中腰でしっかり耐風しながらカメラ構えていたのですが、このあと突風が来てあっという間に1回転ごろっと転がった。背中痛い。ものすごい風だ。初登頂の時よりも風速あったんじゃないだろうか。気温はほぼ天気予測通りの4.2℃。あと2℃ぐらい下がれば雪だったかも!

その後、ランチパーティをして楽しく下山しました。先生から聞いてきて試してみましたが、ネマガリタケは焼いて食べると結構美味しい。ちなみにヤマちゃんは、夏シーズンは花が咲いてる間は他県遠征、梅雨になって大雨だと船形山だそうだ。いいアイディアだ、ちょっと見習おう。

 

大滝キャンプ場~山頂~蛇ヶ岳~三光の宮~大滝キャンプ場

 

スナップ



大滝キャンプ場よりしばらくは稀に陽も差し、新緑と残雪の素敵な色麻コースでした。

 

 

 




稜線でもオオカメノキ咲いているんですねえ、結構早いんだな。里で見るより綺麗に見える。船形山はマイヅルソウ、ツマトリソウ、サラサドウダンもまだ。山頂も先週寒かったからかキンバイがまだ序盤の雰囲気、ユキワリコザクラ、ミヤマシオガマは気配も鳴い。今年の船形はだいぶ花期が遅いのかな。何本かだけ場所を知るヤシャビシャクは咲いていました。

 

 

 

蛇ヶ岳の下はまだ夏道でてませんので、藪と残雪と雪解け沢のルート選択になります。もうしばらくは、升沢コースが登りやすいかと思われます。

 

 

 

おまけ


船形山山頂~蛇ヶ岳にあるハイマツの朽木がかっこよくて大好き。