0

山頂泊の人を拉致して森に連れて行ったらランチが豪華になったの巻。

升沢の森をてきとうに徘徊の予定で、旗坂手前の風早峠の水のところで車を止めて、いつものように水を汲んでいた。すると、お知り合いが偶然車で通りかかる。聞いたら、土日と山頂泊の予定だとか。この季節に山頂小屋泊で晴れた朝に巡り合うと、遠く麓の大和町に水が引かれ始めた水田が黄金に輝くのだ。

 

 

1
2016.5.15(日の出) 船形山山頂より(望遠)

 

 

「そちらはどちらに?」

「森をてきとうに。今晩、深夜から快晴ですから、明日の朝の山頂、きっと最高ですよね。」

かくいう自分も土日泊まる案もあったのだが、2日使うのがなあ、と、なんだか億劫になりやめていた。偶然ここで会ったのも何かの縁、珈琲淹れてとせがむ。まあ、船形先輩のヤマちゃんな訳だが。

 

でもなんだか、山頂楽しんでくるぞー!って気迫が不足してるようにみえる。

システム: ヤマちゃんの登る意欲は今日は75%のようだ!

 

 

道路に腰を下ろして、コーヒー淹れて、二人で飲んでまったりする。

システム: ヤマちゃんの山頂意欲が50%に減少した!

 

 

お返しに、お試し中の、フレンチプレスによるコーヒーを淹れてあげて二人で二杯目を飲む。

システム: ヤマちゃんの山頂意欲が25%に減少した!

 

 

ちょっぱやバイクを取り締まるために張っていた警察が今日はいたんですが、ちょうどバイクが目の前で掴まった。速度取り締りではなく、注意喚起のためだったようで、証拠がないと知ったライダーは、俄然強気に変貌。”密着!警察庁24時”(罵り合い)が始まる。ライダーすごい(笑)

システム: 面白いものが見れたし、今日はもういっか、って、違う満足度が逆に増してしまった!ヤマちゃんの山頂意欲が1%に減少した!

 

 

「今日森について行っていっていいですか?」

システム: ヤマちゃんの山頂泊の予定は森へと飲み込まれた!

 

 

ということで二人一緒に森を徘徊。山頂泊予定のでかいザックをそのままもって、森を歩くヤマちゃん(笑)

 

 

 

森スナップ

 

 

 

 

 

ととろ

 

 

 

 

 

豪華ランチ

山頂行く予定だった人が森に急遽変更になったので当然食材が余る。全部昼飯にしてもらった(笑)

 

ソーセージ、白菜、乾燥海老、塩昆布、酒少量、薬味。かんたんうまうま。

 

 

焼きそば麺、トマトジュース、サンマ缶

 

 

スープ

 

 

こちらは自分の。実は買うことはないと思っていたジェットボイルが今手元に。戴き物。お湯早く沸かすにはいいんだけど、使い勝手がなあ。カップラとかになら便利なんだけど、と思っていたのです。早く沸くのはよくわかってたのですが、そのあたりが買うに至らなかった理由。しかし、せっかくなので用途を考えていた。フレンチプレスのコーヒープレスオプションがあって、コーヒー専にすればコンパクトで便利なのでは!道具がかなり減る。そしてお味は。実に良い。ジェットボイルの生きる道がみつかり光り輝く道具になった(笑)

 

 

母ブナ

 

 

大桂

この升沢の桂ですが、氾濫原のあの桂と胴回りはだいたい一緒なのですが、背丈は相当高いかな?

氾濫原の桂もいいですが、こちらも迫力満点。なんたって横綱のまわしとも思えるような威風堂々たる比古婆衣(ヒコバエ)が圧巻。

 

 

 

楽しい升沢の森でございました。

 

 

コメントを残す