思い出のスケッチ その6)最後に残るのは笑顔

 

私は、パワー、知力、優しさ、の特性を持つらしいです。その大きさも人それぞれらしいですが、そのうち、私は、パワーがどうも制御できないらしく、暴走することがあるらしいです。この1年もそうでした、父が逝ってからの二週間もそうでした。眠れず食べれず、躁鬱を繰り返して、奇天烈な行動をしていたようです。ご迷惑おかけしました。そして助言されました、私は、人の話をきちんと聞く癖さえつけることができれば、パワーをしっかり使えるようになれる。そのように助言されました。

昨晩やっと眠ることができ、まわりまわって、何とか落ち着きました。役員をしている会社も、とりあえず一ヶ月休職します。その後は未定です。

 

「世俗の煩悩も何もかも、泣くだけなきゃ残るのは笑顔です。」

 

森の師匠からいただいた言葉です。

 

予定していた思い出のスケッチ、山を始める前、もがき始めた頃に描いた6枚。最後の6枚目。

最後に笑顔で終わりです。