遠い。

 

森の時間の中にある、森の記憶の写真、今でも定期的に更新されているのを昨日知らされました。知らなかった!
雑記と一緒に止まっているのかと思っていた(笑)

先生は遠い。あらためて気付く。

おおよそ、全体の7割ぐらいから色気を感じる。心が動いているということですが。少ないですが幾つかは見たことがある物もあります。しかしこんな風には自分は撮れていない。考えに考えながら、それこそ目まぐるしく頭を動かしながら進む私の習性ですが、1つ良いことはあります。自分の立ち位置、周りの状況、自分の現在の力を把握しやすい。迷子になりにくいので止まらない。漫然とやっているとそのうち迷子になっていることにも気づかずにそのまま迷子のままでいることが多かったりする。少なくともそれはない。ブログでいちいち書いてるのも、考えを整理するためなのもあります。考えた末には雑念は消えていくのです。私のような凡人はこうやって進むほか無い。

恋して撮れ!

というのも、3ヶ月前では理解できなかったと思いますが、今は既に、技術的なことやら機材的なことやら、いろんな雑念を考えた末にあるのでよく分かる。方向は見えましたが撮れるようになれるかは分からない。やりたいことははっきりしている。森や山の中の素晴らしいシーンを見れる目を持ちたい、その素晴らしい物を他の人にも見てもらいたい、そういう写真を撮れるようになりたい。

ただそれだけ。

写真は面白いですよ?興味のある方はやられてみてはいかがでしょう。機材的なことや、技術的なことや、感性的なことから躊躇する方も多いと思いますが、そういうのは大したことはありません。何より、素晴らしい写真を撮れるということは、素晴らしいものを見れる目を持つということに他ならないのです。今まで目を向けていなかった美しいものを見れるようになる。見れていなかった素晴らしいものを見れる目を持てる。良い写真を撮れるということは、実はそういうことなのだと思います。もちろん絵を描いたり、詩を書いたりするのでもいいと思います。そう思うと写真を学んで撮っていくというのは幸せな遊びです。

今日は久々に街遊び。お山はお休みです。