2

マンノウ滝、乱飛滝(吉田川)

大和町吉田川源流部の2つの滝。山と高原地図なんかにも記載のある滝ですが、桜井先生に教えられて早速行ってきました。

 

 

 

マンノウ滝(万能滝)

imgp0909
なぜマンノウ(万能)なのかは知りませんが。

 

 

 

imgp0900
右手側よりマンノウ滝。この後、右手より高巻きとなるのですが、倒木が下に落ちて折り重なるようなほど盛大に崩れていて、高巻きちょっとしんどい。登りは何とかなりますが下りはロープで降りないとちょっと危ない感じでした。懸垂下降は不要。3人ぐらいで行けばロープ連掛けしてスピーディに降りられそうです。一人だと掛け直し大変。

 

 

 

imgp0921
高巻き後、小瀧3連。

 

 

乱飛滝

imgp0957

imgp0947
乱飛滝。水量多いと、どわどわー、ダンダンダーンと横広がりに飛ぶように乱れるそうですが残念、ちょぼちょぼだった。滝壺に入る意気込みは無かった!(ビニール忘れた)

 

 

 

imgp0964
このぐらいの雪の被った景色とてもよいですねえ・・・。美しい。

 

 

今シーズン最初の尻セードもしました!沢沿いはやっぱり気温低いんですかね、このあと旗坂方面にナメコ取りにいきましたが、ここのほうがよっぽど雪が被っていた。乱飛滝も直登は無理だと思いますが、高巻きも、左も右もやるとなるとしんどそうです。かなり大回りになりそう。沢登りメインで来る人には沢登り自体は大してなく高巻きばかりになるので物足らなそうではありますが。

渡渉は何回かありますが浅くて容易。高巻き後、下るのであればロープはあったほうがよいと思われます。

 

2 件のコメントがあります。

  1. こんばんは。
    迫力がある滝ですね。

    ここの沢に釣りに入ったことがあるのですが、申し分ない渓相の割には魚が少なく、痩せていたのを思い出しました。

    エサが少なく環境にあるのか、温泉水があるのか謎です。

  2. 74moonさんこんばんは!

    2つとも落差十分でなかなか良かったです。ですが、本来の行きたかったところを見落として目的未達。残雪&新緑の頃にまた行ってこようと思います!あそこは林道の入口あたりにも民家がちょっと前まであったようで、釣られまくったのかも!?しれません。

    下流域は猟師も徘徊するエリアのようで、猪罠があちこちに。沢筋も、なんかこうクマーがいそうな雰囲気がぷんぷんしてました。そう思うだけでしょうけど!

コメントを残す