4

定義橋梁跡・後白髪山コース

定義森林鉄道、橋梁跡が遂に落ちたという知らせを聞いたので見てみたくなり十里平へ。

 

しかし、天気に恵まれないSWです。昨年の5連休は、これ以上無いという程の好天に恵まれた。まだ山を始めていなかった昨秋、日本海側を一人でアウトドアをして過ごしていた。あの頃は今より10kg近くでぶだった(笑)

 

 


十里平の道路終点に駐めて歩き始めるが、3~4台車があった。キノコ採りではどうもなさそうなので、釣りか廃鉄マニアかもしれない。若者っぽい二組ぐらいを見かけた。

 

 


20分ぐらいで着。先が見えない。落ちてるかどうか分からないので降りてみることにする。

 

 


落ちましたねえ。何か感慨深い。

 

 


2016.2.27 スマホ撮影

昭和10年あたりからだとしても80年近くの歳月を経て遂に墜ちたようだ。梅雨の頃だったのか、台風の頃だったのか、はたまた管理上落したのか。そして一人後続の方が、橋梁跡に見向きもせず、さらに奥へ歩いていった。若い方だし、釣り装備でもないし、キノコ採りでもなさそう。もっと奥の軌道跡を見に行っているのだろうか。



しとしとと雨が降り、カエルが喜んでいた。カエルはどうも目の前に立つと動きが止まる。ぴくりとも動かなくなる。10分ぐらいしてようやく逆方向に去っていきました。

 

後白髪山コース

その後、写真を撮りやすい歩ける森がないかと後白髪山コースを少し散策。少しといっても往復3時間強。ところで、そういった歩きやすいブナの森はどこにでもあるわけではない。旗坂周辺は割りとそういったところが多いのですが。ほとんどの森は笹薮も樹木も濃くて、のんびり歩けたものではない。

後白髪山コースも中間点ぐらいまで歩いてみましたが登山道傍から入れる所ほとんど無いようでした。とにかく笹が濃い。


ヌメリツバタケモドキ(食) 今が旬。痛みやすくも有り、あまり人気は無い。

 

 


ヌメリツバタケモドキの幼菌、かもしれない。同じ場所。線香花火を思い出す。

 

 


74Moonさんのご馳走のツキヨタケが立ち枯れブナにみっしり。

 

 

上までみっちりと着いている。ここなら星空をいれて撮れるかも!?

 

 


又沢まで行こうかと思ったが、14時ぐらいから雨が強くなってきたのでその手前で戻る。雨量計測ロボットお久しぶり。

 

 


先日もスープで頂いたブナハリタケが大量。少し老菌気味。

 

 


収穫。左ブナハリタケ、右ヌメリツバタケモドキ。すぐ料理して食べた。

 

 


当座煮。ミリン:醤油:酒を1:1:1、七味。煮ると歯ごたえがでてきて、ちゅるっと美味しい。

 

 


味噌汁。

夕飯に、ブナハリタケの炊き込みご飯。明日死んでいないことを祈る。

4 件のコメントがあります。

  1. これはこれはステキなツキヨダケの群落ですね。
    何とか晴れた夜に訪れてみたい!
    4キロ地点より上になるのですね。
    テント持参かな…。

    それにしても垂涎のキノコ料理!
    明日が命日にならぬよう祈念申し上げます(笑)。

  2. こんばんは。

    4Kからせっせと歩けば30分かからないぐらいのとこかと思います。写真撮りながらのんびり歩いて4Kから50分ぐらい。

    ツキヨタケのためにテント持参で行く人は極めて稀ではないでしょうか(笑)楽しみですね!

    明日が命日です(・_・)

  3. 雨の中お疲れさまです。
    こうしてみると唯一の木製橋梁の遺構、とても残念ですね。
    冬場の貴重な写真もありがとうございました。

    10年前でしょうか、廃道のブームが
    あったときに見に行った以来です。
    このときはこの橋だけをみて帰りましたが、
    この先にも遺構があるので
    雪が降る前頃に追ってみたいと思います。

    ところで、キノコ大丈夫でしたか(笑)。

  4. うぐぐぐぐ、お腹が実は・・

    痛くない\(^_^)/

    一時のブームは去りましたが、廃道、廃鉄、廃墟はいまだ人気があるようですよ。あそこの奥地もいろんなものが残ってるようでマニアにはたまらんところみたいですね。

    あのあたり、紅葉の時とかもなかなかいいかもしれませんねえ。雪の時は片側が10mかもっと下に沢なので結構ひびりました!雪の前に楽しんできてください。その先の様子を楽しみにしています!

コメントを残す