船形山山麓、注文のいらない料理店

 

今日も1日時雨れるようなので森の中へ行って一人写真倶楽部。のはずが、注文のいらない料理店が森の中に営業していた。

昨日も一人写真倶楽部のはずが、ひげの先生の森の時間に丁度出会ったのでついて行き、日がな1日森で過ごした。翌朝、まだ車があったので、挨拶しに覗きに。

 



道中、大ぶりのツキヨタケ発見。74moonさんが喜びそうである。大量に食べなきゃ命は大丈夫なキノコですが、毒です。稀に死亡例。嘔吐吐き気系、発光成分を持ち、夜に発光することから名付けられた。たくさん塩漬けして毒を抜き、冬に酒の肴にする地域もある。旨味成分は多い。

旧属名 Lampteromyces は、古典ギリシア語の Lampteros(Λαπτερος:灯火)と Myces(μύκης:菌)とを組み合わせたもの。(Wikipedia)

美味しいヒラタケとの違いは、やや傘が黒い模樣が柄の方にあり茶色が濃い。裂くと柄の根本が黒く染みになっている。夏キノコ。ヒラタケはもうすこしで付き出す。

 

 


そして、ひげの先生たちに挨拶して、私はふらふらと周辺を歩いて写真に興じていると、時折呼ばれる。おーい。

 

 


呼ばれていってみると、焼き立てパン! しかもイースト菌を入れてお腹の中で発酵させて捏ねた手作りのパン。枝にぐるぐる。ほかほか、あつ、うま!2本ももらった。

そして再び写真に興じていると、また呼ばれる。今度はキノコのポトフ!先日分からなかった、ぬめっとしたヒラタケにみえたキノコは、ヌメリツバタケでこれの入ったキノコのポトフ。生えているときはかなり柔らかいのですが、煮るとかなりしっかりしてきて、なめこレベルの歯ごたえで食感もいい。旨味も出てとっても美味しいポトフでした。

 

 


ヌメリツバタケ(焼石岳)

そして写真に再び興じていると(以下略)

 

 


分厚く、ビッグなベーコンの時間になっていた。

 

 


一緒になって焼かせてもらった(笑) 肉汁滴る。ひげの先生は、こしょうの代わりに木灰をつけるワイルドさで食べていた。(落とした)

森を歩き廻って写真を撮っていると呼ばれる。食べる。歩く。食べる。歩く。食べる。何という贅沢か(笑) お礼にコーヒーを淹れて、少しだけ片付け手伝ってきました。気付くと13時。注文のいらない森の料理店。

その後、旗坂あたりの森を再び歩き回って、帰宅。一人で楽しく歩ける森のテリトリーがだいぶ増えてきた。

 

 


また秋に咲き始める新しい野花かな。小さいお花。

 

 


接吻。