2

船形山山麓 – 写真倶楽部・涸れ沢

写真倶楽部。今週一週間はどうもぐつつく模樣。その前触れの日というか、厚い雲の曇天、時雨れまじり。

先週からの大発生のやぶ蚊に辟易。本日は涼しいこともあり、レインウェアジャケットを着て、頭には今季初めて使うことになる虫よけフェイスネットを着用。想像してたより視界がよくて写真撮影も問題ないレベルだった。

春先に、Wild-1太白店の閉店セールに買ったもの。ブユはハッカ水スプレーに蚊取りでほとんど刺されることもなかったのだが、この大発生やぶ蚊はどうも無理だ。どんだけ吹きかけても、薄着の布地すら貫通して刺される。

 

 


一週間ぶりに生還したプラティパスのキャップ。

ところでこの写真、生還したプラティパスのキャップである。先週、旗坂の手前の水場で汲んだ時にみつからず、どこかで無くした。車の中やら、山用具棚やら散々探したのに無い。なくすのは2回め。ペットのキャップ微妙に合わないんですよね。Amazonでキャップだけ買って、まだ一ヶ月なのにまたとちょっとしょんぼり。Amazon最安プラティパスが1,000円なので、キャップのために数百円出すの馬鹿らしく・・・。

 

 

 


昨日撮った写真を見ていたら、何か右下に見覚えあるのが見える・・・!

 

 


拡大。おおおお!? 台風に負けず、幾度も足に踏まれても、残っていたのか!?写真倶楽部で集合のあと、一人ダッシュでここまで来て探しまわっていると、あった!写真撮っていてよかった!大分汚れてしまったけど煮沸すればまあ使えるでしょう。おかえり。

 

 



今日は先週に引き続き沢。旗坂ではやぶ蚊すでに多かったですが、昨日ほどではない。涼しいからかな。普段は枯れ沢らしいです。雪解け時と雨量が多い時だけ流れる沢。よって岩魚はいないのかな。昨日、船形山山頂で始まり出した秋の足音。下の方はまだ、と思いきや、足元の沢では秋が始まっています。今日は初秋の森の変化を撮りたい。

 

 




沢や湿った岩場に植生するというダイモンジソウ。ユキノシタ科ですね。花弁2つ下に長く伸びる、大の字。なかなか愛らしい花です。

 

 


落ち葉一枚、幹に挟まる。

 

 



水、水の流れと落ち葉はなんかいいものですね。普段何気なく見ていたものですが。

 

 


お昼を食べていたら近くに何か気になる実が。これ、ツリフネソウの実らしいです。クリスマスボールぱーん、実が3つぽろぽろ。

→ 勘違い!ツリバナと聞いたのに、最近見たばかりだったのでツリフネソウと思い込んでしまったようだ。

ツリバナがツリフネソウに!!
ツリバナですよ。実は5個付くので足りない分は落ちた、笑。因みに春の花びらが五枚、だから実も五つに割れる、ということは種も五つということです。(植物の花と実の関係はちゃんと理に適ってるのです。大体がそうなのだ!)

 

 


写真を取る姿は、どこか格好いいと感じる。今日は私以外ベテランのお二人。

 

 




水に運ばれる森の欠片。

 

 



色が変化に富んで見ているだけでも楽しい。

戻ってコーヒーを淹れて終了。カリブコーヒー、少し細かく挽いたらしっかり味がでました。満足満足。しばらく豆はここに通いそうです。moonさんありがとうございます!

 

 




その後、一人で遊歩道(の傍の雑木の中)へ。時雨れてきたのと、日も下がってきたので、熊が心配で早めに帰りました。虫刺されは、お昼の時の手袋外した時の一箇所で済み助かりました。

 

2 件のコメントがあります。

  1. こんばんは。

    今の時期はヤブ蚊が多いのですね。

    それはさておき、前に書かれていた『ツキヨダケ』って言う毒キノコ、夜に蛍光緑色に発光するんだそうですね。
    月山で撮影され、写真雑誌に掲載されていました。
    旗坂界わいにも自生していたのですね…。
    私も夜に撮影してみたいと考えていましたので、とても参考になりました。

  2. おはようございます。9月は時期的に仕方ないのと思うのですが、大雨とそのご高温多湿で、大量に羽化発生したためひどい模樣です。土曜日のひげの先生の森歩きも、参加された方が大騒ぎだったようで。先生はひとり、我関せずで楽しんでいたようですが(笑)

    ツキヨタケは横に倒れている倒木のものでなく、下からカメラ向けられそうなのをみつけ、さらに星が構図に入る場所で、星とともに写せば、まさに星と月。二光の宮だ!写真コンクールに出せるかもしれませんよ!(笑)

    早池峰と薬師岳にも夜光るヒカリゴケがあると聞いて一度見てみたいものです。

コメントを残す