4

御所山山麓 – 観音寺コース下見・森歩き

タマゴダケを探しつつ、森歩きと写真を楽しもう。色麻大滝から、湯谷地と鈴沼周辺あたりを森歩きの予定。だったのですが、またしても出発してから予定を変更して、御所山(船形山)観音寺コース登山口あたりに変更。
ジャングルジャングル。

寝坊もしてしまって、空を見上げると、どんよりで小雨となりそう。ちょっと気分も下がってしまい、天気のよさそうな日本海側も考えましたが、典型的な東風のフェーンの日で、日本海沿いの平地は猛暑の予報。先々週は鶴岡、先週は鳥海と続いていたのもあって、遠出の気分でも無く。中間を取ってまだいったことが無い観音寺コースの登山口の下見と森でキノコ(タマゴダケ)探しの旅に。

48号を進み、関山峠を抜けて暫くするとギンギンの青空、そして暑くなりそうな熱気。振り返ると先週と似た天気。奥羽山脈から雲がこぼれるように落ちてきている。回りこんで黒伏高原の方に向かうとこぼれおちてくる雲の中へ。

 

 


ジャングルジャングルからみた黒伏山。いかつい。

 

 


船形山山頂から見る黒伏山はどんなっだっただろうかと、8/11山の日の写真を探してみるとほぼ同じ格好をしている。つまりはこの地点。黒伏山と船形山山頂の線上にいるようだ。

 

 


このあたりで朝食を取った後に林道を進み柳沢小屋へ。林道はまだ続く。朝日連峰なんかもそうだが、林道の途中に昔は小屋があって使われていたようだ。車を使えない学生登山の場合、こういった山小屋でまず一泊、そして翌朝に登山開始といったことも多かったのでしょう。旗坂キャンプ上の手前にも廃屋となった山小屋がある。

 

 


中はというと古めかしい。山小屋の匂いも濃い。

 

 


山形側も御所山(船形山)へ至るコースはたくさんある。来年あたりは夏に層雲峡コースの沢登りであがってみたいものだ。

 

 


そのまま林道の終点まで車を進めると登山口へ到達。ここに至る林道は整備がすごい行き届いてますね。普通車でスピードを出しても全然問題ない程度に砂利がならされている。少しだけ様子見に登山道へ入ってすぐ引き返した。一人下山の方と出会ったが、仙台カゴのあたりまでいって来たとのこと。ガスガスでひどかったようです。

 

 


調べた所、カメバヒキオコシのようだ。ガクが花の後ろに手を広げてるみたいで面白い。

 

 


すぐそばには山葡萄がたわわ。あと2週間程度でしょうか。林道入り口あたりではもう紫なのもあった。今春、大量に増えたであろう子グマたちが生まれて初めて食すことになる山ぶどう。ブナの実は絶望な今秋、たくさん食べるんですよ(笑)

 

 



その後、林道を下りて、御所山版、あがりこ大王を見てから森を放浪へ。

 

 



沢を少し遡上したりしながら御所山の森を味わう。

 

 


終わりかけのトリカブト。

 

 



遡上していくが小さな沢がいつまでも続く。

 

 


小一時間歩きましたがブナは少なくキノコもあまりない。残念。同定できるキノコを増やさないと!

 

 


その後いったん下りてお昼を食べに白水川ダムへ。暑い!



台風のせいか、白水どころか茶水川ダム。

 

 


お昼のためのキノコはみつからないのでカニささみで我慢のスープ。

 

 


冷やしうどんで涼む。

 

 




秋の足音がしてきました。

 

 


夕陽をみて帰仙。右手は月山。ずっと雲に隠れていた。

 

 


東を見ると奥羽山脈は雲のビッグウェーブが襲いかかってきている。県境の山沿いは一日中こんな感じだった。奥羽山脈も月山も朝日も東斜面から山頂は雲の塊。晴れているのは西側の麓。そして猛暑。

 

 


ちなみに、山の連なりの南端にポコポコと2つ連なる山が見えたが、後で気になってカシバードで調べてみたら右側のぽっこりが瀧山(1362m)らしい。左は特に名前は無いピーク。1000m超え山としては、蔵王の山地でもっとも北西に位置する前衛のようだ。西蔵王牧場のあたりから登れる。ただし登山道はあるがかなり難路の模様。写真中央ちょい左の雲がかかった大きな山体は蔵王(熊野岳)。

 

 

最近森歩きばかりで、体力が落ちてきていないか心配ですが、森歩きは楽しい。冬のラッセルのために体力は維持しなければならない。同定しやすい初級茸を少し増やそう計画も進めよう。

4 件のコメントがあります。

  1. こんばんは。

    柳沢小屋は相変わらずレトロですね。
    脇の水場は東北ナンバー1の冷たさとうまさです(私の基準)。

    遡行された沢は村山野川でしょうか。
    ジャングルジャングルが出来る前までは有望なイワナ釣り場でしたよ。

  2. 今晩は!いつもコメントありがとうございます。

    川の名前はちょっと不明ですが、小屋の水場に供給されている沢です。ところで、私が初めて見て、初めて泊まった小屋が船形山山頂小屋だったわけですが、あそこはあらためて恵まれてますねえ。水がないのだけが、不便なところですが。

    あのあたりはジャングルジャングルができる前は林道だったんですかね。今はえらく整備されている道路でした。しかし、ほんとにあらゆる沢に行ってるんですね!イワナどんだけ食べてきたんでしょうか(笑)

  3. 村山野川はジャングルジャングルと黒伏山の間を流れる川でした。
    ジャングルジャングルが出来る前までは長閑な林道で、スキー場の辺りは牛の放牧地(大平牧場と言ったのかな?)だったのですよ。

    あ、話は変わりますが7日までメディアテークで『日本風景写真協会』の写真展示会やってますよ。
    昨日観てきましたが、素晴らしい作品ばかり。
    入場無料なのでおすすめです!

  4. そちらの沢は、多分、朝食食べてたときに、聞こえていたほうの沢というか川ですね! やはりあそこは長い林道だったのですねえ、あそこに小屋がある辺り長い林道歩きでアプローチした上での小屋って感じでしたので。そう考えると、どの山もそうなのでしょうが、船形山は遠い山だったのでしょうねえ。

    風景写真、ありがとうございます。時間見つけて行ってみます!

コメントを残す