0

太白山 – 自然観察の森

健康診断が終わり、セーブしていたビールを解禁。もっと体重減っていたと思っていたのに、体重計が狂っていたようだ/(^o^)\

ビール飲んだらいつの間にか寝てて、4時に目が覚めた。(昨晩のビールの分を消費すべく)太白山の麓にある整備された自然観察の森に。ヤマレコのお友達の太白山の麓の写真を見ていたらちょっと覗いてみたくなったのであった。タマゴダケあるといいな!

 

この場所、思っていたよりちょっと奥まっていて微妙に遠い。青葉山から道路が通っていないのが残念。昼休みに訪問は無理のようだ。林道らしき舗装路で茂庭台から直接行けたのかもしれないが、不案内なので仙台南IC付近までいって、廻りこんで人来田から向かう。5時着。まだ暗い。いつの間にか、季節が移ろいゆき、日の出も遅くなりつつある。

 

 


2時間ぐらいしか時間はないので、大外、反時計回りで森の遊歩道を一周ぐらいの感じで見晴らしの道を歩き出すと池の手前で太白山が見えてきた。ここの森に多い泥岩らしきクリーム色の石、濡れるととても滑りやすい。一回滑ってしまった。

太白山といえば、昨年から始まった体力づくり里山詣での旅に引っかからないまま、行かず終いで未踏。登るとしたら初日の出か爺さんになった時(笑)

 

 


同じポイントから南東に眺望があり海が見えた。

 

 


蜘蛛発見。台風明けでまだ雲が多い。柔い朝陽が蜘蛛の巣を照らしていた。

 

 


すぐ傍にキノコ。今年は、分かりやすいのだけでいいので3種類ぐらい覚えたい。タマゴダケとあと何か2つぐらい。

 

 



カモの池あたり。蜘蛛の巣が多い。

 

 


晩夏、秋の足音がしてきた。

 

 


ギボウシさん。里山は夏になると花は少ないのですねえ。早春のあの時期の貴重さがよくわかった。

 

 



明るくなってきた。なかなかよい森の遊歩道。

 

 


ひっそりと咲くホトトギス。

 

 


全体的に樹木は若く細い木が多いのですが、針葉樹も多く、刈払をものすごくやっているのか自然とそうなっているのか、どこでも歩けそうな森。太白山への分岐を過ぎて自然観察センター方面へ向かう。

 

 


寝起きのバッタ。

 

 



昨晩の台風は若干東に逸れたおかげで、風も大したこと無く、森のなかも特に荒れてなかった。

 

 




自然観察センター付近。丘あり、沢あり、広葉樹あり、針葉樹あり、植生も豊かでなかなか楽しめる。

 

日が上がってきて、だいぶ明るくなった。

 

 


自然観察センターに到着。今度は内側を歩いてみよう。なかなか楽しめるところだ。青葉の森より歩きごたえがある。朝ごはん食べて、コーヒー淹れて、早朝ハイク終了。

 

 

 

コメントを残す