2

湯殿山 – 装束場・平原まで

お盆のあのいつになっても終わらなかった好天はどこへ行ったのか。天気図やGPVみても、土曜日はころころ雲量予測値、雨量予測値が変化していた。特に太平洋側の天気が不安定。午後からは天気が回復する見込みの日本海側へ。

 

候補は、飯豊山麓の森歩きか倉手山だったのだが、朝にGPVを見ると再び天気が変化している。お天気解説もみてみたのだが、高層に寒気。こういう時は天気はかなり不安定。雷も怖い大気の状態。どうも、倉手山登っても飯豊のお姿は拝めなそうである。結局、山形道に入っても決まらず、夜に鶴岡の花火を見たかったので遠い飯豊はパスして月山方面、湯殿山に。

 

朝日連峰、日暮沢への林道

その前に、朝日連峰の日暮沢小屋までの林道を下見に行った。この林道、しばらく通行止めになっている。根子川までは行ける。

朝日連峰といえばあの主稜線だ。行くならばあそこを歩きたいので、最初に登るときは古寺鉱泉ではなく日暮沢から行きたい。ここからならばピストンでも15kmちょっと。以東岳には行けないものの、主稜線を歩きつつ、大朝日も可能な日帰りルートで、朝日連峰をしっかり楽しめる。

たまに情報収集していたのだが、朝日連峰かどこかの山岳会の掲示板に、日暮沢の林道が通れるようなことも書いてあったりしてよく分からない状況。公には通行止めとなっている。結果、現在整備中。工期は8月22日~9月16日までとのこと。休工中となっていたが、既に大型のショベルカーが道を整備していた。工期終了後に通行可になるかどうかは不明だが期待しておこう。

 

湯殿山


ここから先は、写真撮影不可の御神所。

 

 


神社を通過して月光坂を行く。

 

 


急登ガレ場がずっと続くが割りと登りやすく楽しい。お昼ぐらいまで行けるとこまで行って下山予定。ここからの月山は、姥ヶ岳までは人が少なくてよさそうだ。秋か来年にでも行ってみようと思う。

 

 


なかなか好きな登山道です。この標高でも結構暑い。今日は東の風が強くてフェーンで日本海側の温度が上昇。海辺は暑そうだ。

 

 


湯殿山神社が随分小さくなった。車は関係者のものです。一般車は通行不可。

 

 


梯子が何本も続く。尾根までずっと急登の月光坂。

 

 


装束場につくと稜線の強い風が。ありがたい。涼しい。装束着た15人ぐらいの団体がいました。

 

 


湯殿山。の手前のピークだと思われる。ガスってなければ奥に見えそうですが。ところで湯殿山ってルート通ってないのですね。登る前に地理院地図と山と高原地図で確認してもルートが無い。冬限定なのかな。

 

 


素敵な湿地があった。ここは何が咲いていたのだろう。分からないが7月ぐらいに来てみたい。

 

 


こんなの。ワタスゲではなさそうだが。

 

 


湿地を囲むようにモウセンゴケが植生している。

 

 


フリルが可愛いイワイチョウがチラホラと。風強いからとマクロレンズを置いてきたのを後悔した。あまりぼかせない。レンズはいつもそうだ。置いて行くと使いたくなる場面に出くわす。持ってくと使わない!

 

 



秋が近づいている。

 

 



多くはないが幾つか咲いていた最後の夏の花を愛でつつ。

 

 


湿地を後にして下山。

 

 


リンドウもうすぐですね。蔵王はもう咲いているかな。

 

 


予測通り、日本海側は良さそう!海も見える。花火に期待!

 

 


そして移動。高館山に! たらこパスタとトマトにキーマカレーのスープ。気温はあったものの、強い東風が吹いており心地よい。

 

 


コーヒーは明日、桜井先生ご所望のマンデリン。片平豆房、インドネシア産、ちょっと高いが美味しい。深入り焙煎でマンデリン特有の酸味が消えている。代わりにコクとまろやかな甘さが。もう少し安いと行きつけの店にするのに!

 

 


恐怖の館を拝んで降りました。いざ花火大会!

 

 


大会会場の東側の庄内平野のあぜ道がこまなくて見所だそうです。車たくさん停まっていた。大会会場に車を止めてしまうと、帰りは渋滞に巻き込まれて大変なのです。右奥は月山。

 

 


なんか赤くなりそうな気配があったのだが、いい赤に恵まれた。夕陽が雲から降り注いでるようだ。色再現はかなりできているように思う。もうちょっと赤かったかも。

 

 

花火!






最初はレリーズケーブル使って真面目に撮っていたのですが、結構めんどくさい(笑)

 

 




コンビニで買ってきた夕飯を食しながら観賞。真面目に撮っていたのですが、次第に面倒くさくなり・・・、インターバル設定して放置に決定。F11 ISO100 露出10秒。WBは太陽光。13秒インターバル。

風の上流側にいたので煙がかかることもなく、花火特有の煙の停滞も無かったため絶好のポイントだったようだ。夏の終わりですね。大満足して帰りました。渋滞なしで山形を抜けれた。

 

 














 

 

2 件のコメントがあります。

  1. こんばんは。

    音が聞こえてきそうな花火の写真、お見事です。
    あ、湯殿山は夏道ありませんので積雪期限定の峰ですよ。

  2. おはようございます!

    やはりそうなのですかー。Moonさん初め、残雪期に湯殿山のヤマレコをたくさんみたものですからすっかり登れるものと思っていました。来春こそ行ってみます!

    それでは月山行ってまいります~!

コメントを残す